女王様と私

歌野晶午「女王様と私」を読んだ。

好き嫌いがはっきりわかれそう。俺は面白く読めました。(ちょっとだるいところはあったけども)

全体的な大仕掛けがひとつ、冒頭で小さい仕掛けがひとつ。大仕掛けのほうは何となく気づいてしまった。が、冒頭の小仕掛けは「え?」と驚かされた。(どういうふうに説明すればいいのか…「葉桜?」の大仕掛け的なやつがありましたね)

なんていうか、ひきこもりの人、とか言われたらどういう先入観を持つかですよね。それが作中の「私」だが、「女王様」にしたってそうだ。読み手の先入観とか固定観念とかを壊す作者。

毎回なんかしら創りあげるのは大変だろうなあと思う。しかしそれを期待して歌野晶午を読むわけであるから。

本筋と関係ないが見返しの部分にも遊び心があったようだ。図書館の本はカバーをくっつけてあるので全部読めなくて残念。

 

女王様と私
歌野 晶午

容疑者Xの献身 死体を買う男 葉桜の季節に君を想うということ そして名探偵は生まれた 天使のナイフ
by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です