女王様と私

女王様と私

歌野晶午「女王様と私」を読んだ。

好き嫌いがはっきりわかれそう。俺は面白く読めました。(ちょっとだるいところはあったけども)

全体的な大仕掛けがひとつ、冒頭で小さい仕掛けがひとつ。大仕掛けのほうは何となく気づいてしまった。が、冒頭の小仕掛けは「え?」と驚かされた。(どういうふうに説明すればいいのか…「葉桜?」の大仕掛け的なやつがありましたね)

なんていうか、ひきこもりの人、とか言われたらどういう先入観を持つかですよね。それが作中の「私」だが、「女王様」にしたってそうだ。読み手の先入観とか固定観念とかを壊す作者。

毎回なんかしら創りあげるのは大変だろうなあと思う。しかしそれを期待して歌野晶午を読むわけであるから。

本筋と関係ないが見返しの部分にも遊び心があったようだ。図書館の本はカバーをくっつけてあるので全部読めなくて残念。

 

女王様と私
歌野 晶午

容疑者Xの献身 死体を買う男 葉桜の季節に君を想うということ そして名探偵は生まれた 天使のナイフ
by G-Tools

関連記事

そして名探偵は生まれた 歌野晶午「そして名探偵は生まれた」を読んだ。 短編が3つ。 「そして名探偵は生まれた」は書き下ろし。初めて読んだ。「生存者、一名」「館という名の...
LOST 第3シーズンを観終わった 悲しいことに第1シーズンや第2シーズンに比べてパワーダウンしてきてると思った。(なんかだんだんと質が落ちているような…) 登場人物が増えてきて個々...
クローン 「クローン」を観た。 フィリップ・K・ディック原作。2001年の映画。 こんなのあったのか知らなかった。ゲイリー・シニーズとマデリーン・...
愚行録 貫井徳郎「愚行録」を読んだ。 子供二人を含む一家惨殺事件があって、その事件の要因とかが少しずつ明らかになっていく。インタビュー形式の構成。 嫌い...
日曜日たち 吉田修一「日曜日たち」を読んだ。 面白かった。読んでよかった。 連作短編。なんてことない日常が綴られてなんてことなく話は進行する。軽いんだが、読...
情婦 「情婦」を観た。 かなり久しぶりに観たのだった。たしか1回か2回くらいしか観てないと思う。 アガサ・クリスティの「検察側の証人」を元にし...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です