女王様と私

女王様と私

歌野晶午「女王様と私」を読んだ。

好き嫌いがはっきりわかれそう。俺は面白く読めました。(ちょっとだるいところはあったけども)

全体的な大仕掛けがひとつ、冒頭で小さい仕掛けがひとつ。大仕掛けのほうは何となく気づいてしまった。が、冒頭の小仕掛けは「え?」と驚かされた。(どういうふうに説明すればいいのか…「葉桜?」の大仕掛け的なやつがありましたね)

なんていうか、ひきこもりの人、とか言われたらどういう先入観を持つかですよね。それが作中の「私」だが、「女王様」にしたってそうだ。読み手の先入観とか固定観念とかを壊す作者。

毎回なんかしら創りあげるのは大変だろうなあと思う。しかしそれを期待して歌野晶午を読むわけであるから。

本筋と関係ないが見返しの部分にも遊び心があったようだ。図書館の本はカバーをくっつけてあるので全部読めなくて残念。

 

女王様と私
歌野 晶午

容疑者Xの献身 死体を買う男 葉桜の季節に君を想うということ そして名探偵は生まれた 天使のナイフ
by G-Tools

関連記事

クラインの壷 岡嶋二人「クラインの壷」を読んだ。 氏の評価が高いものを読んでいる。よりぬき。 「そして扉は閉ざされた」は面白かった。「99%の誘拐」は、まあま...
ローグ・アサシン 「ローグ・アサシン」を観た。 ジェット・リーとジェイソン・ステイサム。二流の香りが漂うのは何故だろう。 なんとなく、ジェット・リーのすました流し...
ブードゥー・チャイルド 歌野晶午「ブードゥー・チャイルド」を読んだ。 ふーむ力作である。快作ってほどではないが、ほかの歌野作品よりましって感じか。「葉桜?」がやはり一番良...
サウスバウンド 奥田英朗「サウスバウンド」を読んだ。 なんか最近は奥田英朗ばっかりだな。 前半と後半で、がらりと舞台が変わる。 ずいぶんと変わるのだ。...
謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...
松本清張全集10 松本清張全集10「黒の図説」を読んだ。 黒の…ばっかりだ。また短編集。 ・速力の告発 ・分離の時間 ・鴎外の婢 ・書道教授 ・六畳の...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です