愛しの座敷わらし

愛しの座敷わらし

荻原浩「愛しの座敷わらし」を読んだ。

地方に左遷されたサラリーマンとその家族の話。
住まいをとってもとっても不便な古民家にして、家族は引越してくるが、そこに座敷わらしがいて。

バラバラになってた家族が、座敷わらしの出現をきっかけに絆を再確認していくような流れで、まあファンタジーっぽくもありますが、まあ、そのなんだ、あったかい話というかドラマ。

いたって普通の話だけど、こなれた感じっていうんですかね、そこそこ飽きさせないで読ませる。
暇つぶしに最適。

座敷わらしの存在が、実はそんなに重要でなかったり、不便な古民家が最初から実は魅力的だったりするところがちょっと。
もうちょいサバイバルな感じで感情移入させていただきたいところだった。

あと不思議なことに、読んでる最中から「Mr. インクレディブル」の家族とイメージが近くって困った。
どうしても「Mr. インクレディブル」の家族が古民家に住んでるようにしか、想像できなかった。黒木瞳の声だったり。

とてもドラマ原作っぽい。
もう映像化されてるんですかね。

 

関連記事

明日の記憶 荻原浩「明日の記憶」を読んだ。 若年性アルツハイマーと闘う家族の物語。 追体験っていうんでしょうか、読んでてちょっと苦しくなる。自分にこんなこと...
ちょいな人々 荻原浩「ちょいな人々」を読んだ。 短編集。 ほのぼの人間模様。軽いなあ。あっという間もなく読み終わったよ。 全体的にほのぼのしてる。 な...
夜のピクニック 恩田陸「夜のピクニック」を読んだ。 以前に「Q&A」を読んだときは微妙で(もう少し読んでみないと判断できない)という結論だったので、代表作を読んでみた...
神様からひと言 荻原浩「神様からひと言」を読んだ。 以前に読んだ作品で「この人はもういいかなあ」と思っていたんだけど、書店でずいぶんイチオシという感じで平積みにな...
誘拐ラプソディー 荻原浩「誘拐ラプソディー」を読んだ。 まあまあ面白かった…かな?荻原浩テイスト。 これはこれで面白いけど、もっと面白かった荻原浩作品はあった、と...
ビター・ブラッド 雫井脩介「ビター・ブラッド」を読んだ。 実に、実に、雫井脩介っぽくない作品だった。 刑事小説というか警察小説というか、何ていうんだろうデカ・ザ・...