愛しの座敷わらし

愛しの座敷わらし

荻原浩「愛しの座敷わらし」を読んだ。

地方に左遷されたサラリーマンとその家族の話。
住まいをとってもとっても不便な古民家にして、家族は引越してくるが、そこに座敷わらしがいて。

バラバラになってた家族が、座敷わらしの出現をきっかけに絆を再確認していくような流れで、まあファンタジーっぽくもありますが、まあ、そのなんだ、あったかい話というかドラマ。

いたって普通の話だけど、こなれた感じっていうんですかね、そこそこ飽きさせないで読ませる。
暇つぶしに最適。

座敷わらしの存在が、実はそんなに重要でなかったり、不便な古民家が最初から実は魅力的だったりするところがちょっと。
もうちょいサバイバルな感じで感情移入させていただきたいところだった。

あと不思議なことに、読んでる最中から「Mr. インクレディブル」の家族とイメージが近くって困った。
どうしても「Mr. インクレディブル」の家族が古民家に住んでるようにしか、想像できなかった。黒木瞳の声だったり。

とてもドラマ原作っぽい。
もう映像化されてるんですかね。

 

関連記事

ちょいな人々 荻原浩「ちょいな人々」を読んだ。 短編集。 ほのぼの人間模様。軽いなあ。あっという間もなく読み終わったよ。 全体的にほのぼのしてる。 な...
荻原浩「噂」を読んだ。 タイトルがいけてない。まあそれはともかく、話は普通な感じ。たくさん本を読んでる人ほど、物足りなさを覚えるのではないだろうか...
さよなら、そしてこんにちは 荻原浩「さよなら、そしてこんにちは」を読んだ。 短編集。 いろんな職業の人間模様。 つまらなくはないけど、突出して面白いのもない。 ...
オロロ畑でつかまえて 荻原浩「オロロ畑でつかまえて」を読んだ。 また荻原浩。なんか最近この人ばっかりだな。 なんでって、いや別に特別に面白いというわけでもないんだが、...
2007年上半期に読んだ本 忘れてたが、2007年1月?6月に読んだ小説。   吉田修一「悪人」 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」 吉田修一「ランドマーク」 奥田英朗「家日和...
明日の記憶 荻原浩「明日の記憶」を読んだ。 若年性アルツハイマーと闘う家族の物語。 追体験っていうんでしょうか、読んでてちょっと苦しくなる。自分にこんなこと...