重力ピエロ

重力ピエロ

伊坂幸太郎「重力ピエロ」を読んだ。

いや面白かったねえ。
最後、ちょっとジーンとしてしまいましたよ。

特に大仕掛けもなく、ストレートな話。でもぐいぐい読まされた。
しょっちゅう筋道から外れるエピソードが心地よい。あと両親のエピソードも良い。

なんか総じて、達者な感じが伝わってくる。70年代生まれの作家か…おそろしいな全く。

うーんしかし面白かったすねえ。「グラスホッパー」はちっとも面白くなかったが、他にハズレが今のところ無いな。

 

重力ピエロ
伊坂 幸太郎

ラッシュライフ オーデュボンの祈り 陽気なギャングが地球を回す アヒルと鴨のコインロッカー 陽気なギャングの日常と襲撃
by G-Tools

関連記事

崩れる 貫井徳郎「崩れる」を読んだ。 夫婦をモチーフに短編集。 なんかしらの心の機微とか、すれ違いとか、崩壊とか。 実に「世にも奇妙な物語」っぽい...
静かな爆弾 吉田修一「静かな爆弾」を読んだ。 なかなか面白かった。 吉田修一の最高傑作ではないけれど、いつもいつもクオリティ高めだなあ。 番組制作をす...
死神の精度 伊坂幸太郎「死神の精度」を読んだ。 これまた軽いタッチであっという間に読めた。 最初はかなり微妙に思いながら読み進んだけど、最後まで読む...
空飛ぶタイヤ 池井戸潤「空飛ぶタイヤ」を読んだ。 面白かった。 フィクションであり、小説であり、ですが。でもこれは、2004年の「三菱ふそうリコール隠し」のこ...
虚貌 雫井脩介「虚貌」を読んだ。 バイト先の人に「これは面白い。読み出したら止まらない」と言われ、貸してもらった本だ。俺にとって全く無名の作家というか、...
グラスホッパー 伊坂幸太郎「グラスホッパー」を読んだ。 なんだこれ・・・? 面白くもなんともなかった。伊坂幸太郎は、これが初めて。いろんなところで面白いと評判を...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です