重力ピエロ

重力ピエロ

伊坂幸太郎「重力ピエロ」を読んだ。

いや面白かったねえ。
最後、ちょっとジーンとしてしまいましたよ。

特に大仕掛けもなく、ストレートな話。でもぐいぐい読まされた。
しょっちゅう筋道から外れるエピソードが心地よい。あと両親のエピソードも良い。

なんか総じて、達者な感じが伝わってくる。70年代生まれの作家か…おそろしいな全く。

うーんしかし面白かったすねえ。「グラスホッパー」はちっとも面白くなかったが、他にハズレが今のところ無いな。

 

重力ピエロ
伊坂 幸太郎

ラッシュライフ オーデュボンの祈り 陽気なギャングが地球を回す アヒルと鴨のコインロッカー 陽気なギャングの日常と襲撃
by G-Tools

関連記事

愚行録 貫井徳郎「愚行録」を読んだ。 子供二人を含む一家惨殺事件があって、その事件の要因とかが少しずつ明らかになっていく。インタビュー形式の構成。 嫌い...
ラッシュライフ 伊坂幸太郎「ラッシュライフ」を読んだ。 いやー。 面白かったねえ。とても面白かった。 何も言うことはないよ。ぜひ誰もが読むべきだよこれ...
チルドレン 伊坂幸太郎「チルドレン」を読んだ。 面白かった。あっぱれだった。 二つの時間軸での短編集。なんか繋がってる。 陣内 というキャラクター...
2007年上半期に読んだ本 忘れてたが、2007年1月?6月に読んだ小説。   吉田修一「悪人」 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」 吉田修一「ランドマーク」 奥田英朗「家日和...
フリーター漂流 松宮健一「フリーター漂流」を読んだ。 この前のNHKスペシャル「ワーキングプア」は見ていないわけだが、何か同じテーマというか切り口の本はないも...
煙か土か食い物 舞城王太郎「煙か土か食い物」を読んだ。 いや、えらく面白かった。 なんすかこれは。こういう人がいたのか。 最初からすごい文体なんだが一気に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です