RD-X6 は依然として故障中

dscn1691
(写真は故障と特に関係ありません)

経緯
RD-X6 ER0001
RD-X5 と RD-X6 の修理

そういえば前回の続き。

ハードディスクの修理代金がどっちもちになるのか、というところで話を持ち帰っていってしまい、実に一週間ほど待たされる。
その間どうしてたかっていうと、RD-X5を現役に復活させて、「サクサク動くなあ」といった感じで、もうRD-X6のことは忘れてしまおうかと思ってたくらいだった。

電話がかかってきて、「東芝サポートです。こちらでハードディスクの修理代金もちますので」という。
そうだろうそうだろう。そうなるんじゃないかと思ってた。期待してた。

数日後、修理にやってきて、ハードディスクを取り替える。
そして動作確認。

やっぱり重い。固まってるっぽい。

修理の人「うーん、これは電源ですねえ、おそらく」 本当に?

そうかなあ。なんか根本的に治らないんじゃないのか?

修理の人「この際だから、電源も変えちゃいましょう」

この際だから、ってのがどの際なのかよくわからないが(だって、修理に来たんだろ?)。
ともかくその場で電源も変えるんかと思いきや、また後日に、となる。

まあRD-X5が現役ヅラしてるからいいんですがね。
えらく長引くなあ。

 
そしてまた一週間くらい待たされて、そして再び修理の日。
この修理の人、うちに何回来てるんだ。

そして電源も取替え。
修理の人「これでほとんど入れ替えになりますからね。もう新品と同じですよ」

そうですよねえ。そうなのかな。
やっぱり根本的には治ってないんじゃないのかな。

さあこれで…と、動作確認。
普通に動いているようだ。

修理の人「いやあ良かったですねえ。ほんとに良かった」
と言い残して、去っていく修理の人。

 
ところが。
その日にフリーズ。

なんかHDMI接続が怪しい気がして、自分なりに切り分ける。HDMI接続をやめて、アナログ接続してアナログだけ録画したり再生したりする。

でもフリーズする。

そして挙句の果てに、また、ER0001 !!

dscn1696
 
なんなのだ、このRD-X6って。
信じられん。

 
続き:RD-X6 なおりました

 
HDD&DVDレコーダー裏のトリセツMAX―あなたの知らない最新デジタル録画裏テク大博覧会! (アスペクトムック)

HDD&DVDレコーダー裏のトリセツMAX―あなたの知らない最新デジタル録画裏テク大博覧会! (アスペクトムック)

by G-Tools

 

関連記事

復活・LinkStation (昨日の続き:HDDを外付けにして使ってみる) フォーマットに失敗したらしいが、とりあえず認識できているので放置しておく。 ときおり、その外付け化したH...
Nero Record 2 CE の変換はかなり強力だ HMP-A1は、想像以上に遊べそうだ。 画質も、モバイルで観ていることを考えれば、よくできてるほうじゃないのか。 バッテリーの持ち具合とかは、まだ見えな...
今度はRD-X5が故障? デジタル基盤の交換となったRD-X6は、無事になおったわけだが(ただ、ひたすら怪しかった)。 そんな様子をよそに、実はRD-X5もおかしくなっていた。...
RD-X6 を買った 買っちまった。ハードディスクレコーダー。 所有しているRD-X5の後継機である、RD-X6だ。 もうかなり価格が落ちてきていて、「もういいや!」...
上書きインストールはまだしてないな... (昨日の続き:もうHDDを外すしかないのか?) 会社の知り合いで、自作を趣味としている男がいるので事情を話してみる。 「・・・というわけで、修復イン...
4thMEDIAからも映像が視聴できるようになった... NTTの光回線工事。 NTTの人は午前中にやってくることになってたので、その前にメールチェックしておくか・・・とPCを起動すると、起動しない。Window...