ゲーム開発最前線『侍』はこうして作られた―アクワイア制作2課の660日戦争

samurai.jpg

「ゲーム開発最前線『侍』はこうして作られた―アクワイア制作2課の660日戦争」を読んだ。
これは面白いですね。

アクワイアのホームページを見ると、今でも続々と作品を作っているようで、なにより・・・という思いになれる一冊。
「天誅」はむかーし体験版だか何かでちょっとやったけど、動きがスムーズではなかったなあと思っている。でも、コアなファンは多いようで。

今日発売のファミ通を見たら、その天誅シリーズの一つがPSPで出る記事が。
発売元はフロム・ソフトウェアになっておりましたけど。

明日からゴールデン・ウィーク。
なんと10連休だ。

関連記事

パーク・ライフ 吉田修一「パーク・ライフ」を読んだ。 表題作「パーク・ライフ」と「flowers」の二本立て。「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。 …そうす...
火の粉 雫井脩介「火の粉」を読み終えた。 うーん、最後は地味だった。 なんというか、ひねったとこはなく、王道のドラマのようであった。簡単にテレビ化できそうな...
これで世の中わかる!ニュースの基礎の基礎... 池上彰「これで世の中わかる!ニュースの基礎の基礎」を読んだ。 たまにはこういうのも読む。 宗教・民族の違いによる地域紛争とか、刑事・民事裁判...
松本清張全集10 松本清張全集10「黒の図説」を読んだ。 黒の…ばっかりだ。また短編集。 ・速力の告発 ・分離の時間 ・鴎外の婢 ・書道教授 ・六畳の...
ジェシカが駆け抜けた七年間について... 歌野晶午「ジェシカが駆け抜けた七年間について」を読んだ。 一気に読んでしまった。ということは、面白かったのだろう。 最後のほうまでどのように転が...
2009年下半期に読んだ本と、2009年のベスト... 2009年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 吉田修一「横道世之介」...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です