007 スカイフォール

「007 スカイフォール」を観た。

Skyfall

ダニエル・クレイグの007シリーズ最新作。前作の「慰めの報酬」は面白くなかったような… なんでだろう。ピアース・ブロスナンのシリーズはそれなりに楽しめるのだが、このダニエル・クレイグになってから何だか違和感が続いている。

今回も果たしてそんな感じ。悪くないと思うし、ダニエル・クレイグも相当の格好良さなんだけど、これが007なのか…?という。
面白いんだけどね。

今作では、敵役のハビエル・バルデムが出てくるまで長いし、出てきてからも存在感強すぎだった。ボンドガールはあの女性…?あんな序盤であっさり消えていいのですか。なんか裏があるのではと勘ぐってしまったよ。

ダニエル・クレイグのキャラクターが出来すぎているのかなあ。どうにも生傷の堪えないタフガイで、ジェイソン・ボーンの強さとかぶるんですね、どうも紳士的な佇まいとか、小道具とか活用したり、女もスマートに誘って、みたいなところと全て真逆じゃないですか、ダニエル・クレイグの007って。発展途上国で厄介ごとに巻き込まれて爆破しまくって女を抱くぜ、みたいな感じ。だからなんか違和感。

よくわかりませんが。
面白かったんですけどね。でも最後のあたり、農場とかでの戦いなんてこれは007シリーズなのか…?という。

 
007/スカイフォール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
B00B1NYC7M