聖女の救済

聖女の救済

東野圭吾「聖女の救済」を読んだ。

「ガリレオの苦悩」と同時リリースの、こちらは長編。
犯人がわかってて、殺害のトリックがわからないパターンで、そこに物理が絡む。
(物理かなあ)

ちょっと長編の密度が足りないかなあと感じた。
最後のトリックまで一直線なんだけど、そこまでが疲れる。

ガリレオ湯川のキャラクターが持たないと思う。味オンチとか、そういうの増やしておかないと持たない。
トリックは、確かになるほど的なものでした。
でも、不可能じゃないかと思えた。

最後はちょっと綺麗すぎか。犯人がわかっててのパターンにしては、犯人側の人物像が無いに等しいので、余計に長編の濃さがなかったのかも。

 

関連記事

レイクサイド 東野圭吾「レイクサイド」を読んだ。 短いすね。短編?中篇のボリューム。一時間くらいで読み終えたのじゃないだろうか。 評価としては、まあま...
流星の絆 東野圭吾「流星の絆」を読んだ。 図書館で予約して、どれだけ待たされたかなあ。半年以上経って、やっとまわってきた。 ドラマ化もされて有名ですよね。...
手紙 東野圭吾「手紙」を読んだ。 なかなかの力作。一気に読んでしまった。仕事の行きと帰りの電車の中で読むのだけど、ずばり行きと帰りでほとんど読み終え...
転生 貫井徳郎「転生」を読んだ。 非常に、非常に、東野圭吾「変身」に似てた。切り口はちょっと違うし後半の展開も違うが、それにしても似てると思った。 ...
超・殺人事件 東野圭吾「超・殺人事件」を読んだ。 これは以前、誰かと飲んだときに電車の中で何か読むものを・・・と適当に本棚から取り出したので、まあ何回か読んだこ...
変身 東野圭吾「変身」を読んだ。 素直なSFドラマ、という感じ。東野圭吾ってこういうの多いな。面白いといえば面白いが、好きではない。 やたらもったいぶ...