聖女の救済

聖女の救済

東野圭吾「聖女の救済」を読んだ。

「ガリレオの苦悩」と同時リリースの、こちらは長編。
犯人がわかってて、殺害のトリックがわからないパターンで、そこに物理が絡む。
(物理かなあ)

ちょっと長編の密度が足りないかなあと感じた。
最後のトリックまで一直線なんだけど、そこまでが疲れる。

ガリレオ湯川のキャラクターが持たないと思う。味オンチとか、そういうの増やしておかないと持たない。
トリックは、確かになるほど的なものでした。
でも、不可能じゃないかと思えた。

最後はちょっと綺麗すぎか。犯人がわかっててのパターンにしては、犯人側の人物像が無いに等しいので、余計に長編の濃さがなかったのかも。

 

関連記事

夜明けの街で 東野圭吾「夜明けの街で」を読んだ。 なんだか作者の最高傑作みたいな宣伝がされてる新作なんだが…もうひどいもんだった。 (これまでもたびたび書いて...
手紙 東野圭吾「手紙」を読んだ。 なかなかの力作。一気に読んでしまった。仕事の行きと帰りの電車の中で読むのだけど、ずばり行きと帰りでほとんど読み終え...
ガリレオの苦悩 東野圭吾「ガリレオの苦悩」を読んだ。 容疑者Xとかテレビとかの、あのガリレオ。 シリーズ最新作は長編と短編の同時リリースとなったらしいです。…が...
さまよう刃 東野圭吾「さまよう刃」を読んだ。 「手紙」「殺人の門」のような…構成。面白く読めたし、力作だと思う。 でも、「どちらかが彼女を殺した」みたいなの...
最愛 真保裕一「最愛」を読んだ。 最後まで一気に読み進めた。かなりワンシッティング。それは素晴らしいことだと思った。 …しかし。 読み終わっての...
宿命 東野圭吾「宿命」を読んだ。 さっさと読めたねえ。 確かに「宿命」だった。それは無茶だろうという結末だった。面白かったかというと、そうでもなかった...