聖女の救済

聖女の救済

東野圭吾「聖女の救済」を読んだ。

「ガリレオの苦悩」と同時リリースの、こちらは長編。
犯人がわかってて、殺害のトリックがわからないパターンで、そこに物理が絡む。
(物理かなあ)

ちょっと長編の密度が足りないかなあと感じた。
最後のトリックまで一直線なんだけど、そこまでが疲れる。

ガリレオ湯川のキャラクターが持たないと思う。味オンチとか、そういうの増やしておかないと持たない。
トリックは、確かになるほど的なものでした。
でも、不可能じゃないかと思えた。

最後はちょっと綺麗すぎか。犯人がわかっててのパターンにしては、犯人側の人物像が無いに等しいので、余計に長編の濃さがなかったのかも。

 

関連記事

追憶のかけら 貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。 最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。 途中のボリュームのある手記がすごい...
プリズム 貫井徳郎「プリズム」を読んだ。 好きか嫌いか、はっきりわかれると思う。 そういう作品であることは間違いない。 俺は、こういうのはありだと思...
ダイイング・アイ 東野圭吾「ダイイング・アイ」を読んだ。 読み終わってみると何も残らない。軽い暇つぶし… 「またこういう感じか」というやつなのです。クライムストー...
私が彼を殺した 東野圭吾「私が彼を殺した」を読んだ。 先日、古本屋で購入したものだ。それを一気に読むことにした。 読む前から思っていたが、この本、電車の中とかで...
闇に香るもの 北方謙三選「闇に香るもの」を読んだ。 今となっては随分と前、アパート探しに不動産屋をまわっていたとき、移動時間に何か読むもの・・・と、本屋で適当に...
ゲームの名は誘拐 東野圭吾「ゲームの名は誘拐」を読んだ。 じつに東野圭吾らしいというか。軽さが。 どんでん返しも実にそれっぽい。「さあーそろそろ引っくり返しますよ...