聖女の救済

聖女の救済

東野圭吾「聖女の救済」を読んだ。

「ガリレオの苦悩」と同時リリースの、こちらは長編。
犯人がわかってて、殺害のトリックがわからないパターンで、そこに物理が絡む。
(物理かなあ)

ちょっと長編の密度が足りないかなあと感じた。
最後のトリックまで一直線なんだけど、そこまでが疲れる。

ガリレオ湯川のキャラクターが持たないと思う。味オンチとか、そういうの増やしておかないと持たない。
トリックは、確かになるほど的なものでした。
でも、不可能じゃないかと思えた。

最後はちょっと綺麗すぎか。犯人がわかっててのパターンにしては、犯人側の人物像が無いに等しいので、余計に長編の濃さがなかったのかも。

 

関連記事

転生 貫井徳郎「転生」を読んだ。 非常に、非常に、東野圭吾「変身」に似てた。切り口はちょっと違うし後半の展開も違うが、それにしても似てると思った。 ...
ダイイング・アイ 東野圭吾「ダイイング・アイ」を読んだ。 読み終わってみると何も残らない。軽い暇つぶし… 「またこういう感じか」というやつなのです。クライムストー...
闇に香るもの 北方謙三選「闇に香るもの」を読んだ。 今となっては随分と前、アパート探しに不動産屋をまわっていたとき、移動時間に何か読むもの・・・と、本屋で適当に...
夜明けの街で 東野圭吾「夜明けの街で」を読んだ。 なんだか作者の最高傑作みたいな宣伝がされてる新作なんだが…もうひどいもんだった。 (これまでもたびたび書いて...
赤い指 東野圭吾「赤い指」を読んだ。 図書館に予約してから半年ほど…やっと順番がまわってきた。 (数百人待ちだったと思う。でも、区内で10冊以上は回転し...
殺人の門 東野圭吾「殺人の門」を読んだ。 うーん微妙。 最初、「白夜行」とかのサイドストーリーものか!?と期待した。 関係なかった。 なんか救いがない...