ラッシュライフ

ラッシュライフ

伊坂幸太郎「ラッシュライフ」を読んだ。

いやー。
面白かったねえ。とても面白かった。

何も言うことはないよ。ぜひ誰もが読むべきだよこれは。
いやー本当に面白かった。もう一度読みたいのだが図書館から借りた本がたくさん残っているので再読できないのが非常に残念なのである。

またいずれ文庫版を読もう。

いやー面白かった。

 

ラッシュライフ
伊坂 幸太郎

オーデュボンの祈り 重力ピエロ 陽気なギャングが地球を回す 陽気なギャングの日常と襲撃 アヒルと鴨のコインロッカー
by G-Tools

関連記事

2008年上半期に読んだ本 まるで忘れてしまってた。2008年上半期に読んだ本の総ざらえ。 対象となるのはいつものごとく、1月-6月に読んだ「小説」。   恩田陸「夜のピクニ...
フリーター漂流 松宮健一「フリーター漂流」を読んだ。 この前のNHKスペシャル「ワーキングプア」は見ていないわけだが、何か同じテーマというか切り口の本はないも...
女たちは二度遊ぶ 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」を読んだ。 タイトルの意味はよくわからないが、短編集。様々な女性がモチーフとなった短編集… 世の評価は知らないが、面...
崩れる 貫井徳郎「崩れる」を読んだ。 夫婦をモチーフに短編集。 なんかしらの心の機微とか、すれ違いとか、崩壊とか。 実に「世にも奇妙な物語」っぽい...
オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」を読んだ。 不思議な話だったなあ。面白かった。 わりと大仕掛けはなく、不思議な話が不思議に終わった。 他の...
死神の精度 伊坂幸太郎「死神の精度」を読んだ。 これまた軽いタッチであっという間に読めた。 最初はかなり微妙に思いながら読み進んだけど、最後まで読む...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です