いまを生きる

いまを生きる

「いまを生きる」を観た。

これ観たことないと思うんだよなあ。
話を予測できるというか、昔は感動系は観てなかったのもある。

イーサン・ホークが悩める青年で主役で、ロビン・ウィリアムズが皆を導く先生かと思いきや、そこも少し違った。悩める青年は何人もいるのですね。イーサン・ホークはそんなに目だってなかった。

まあ、既存の社会を打破する破天荒な人に導かれて、自分という人間性を取り戻して、でも…というような話なので、これはもう古典というか定番というか、いくらでもある素材です。
ロビン・ウィリアムズは終始眠そうな顔でやってて、あんまやる気ないのかなあと思わずにいられない。これはロビン・ウィリアムズがいいというよりも、脚本がそれなりにいいということなのだろう。

終盤、ああいう悲劇が待ち受けているのは少しドラマすぎる感じもした。
ただ、ラストはあそこでばしっと終わるのはいいと思った。綺麗だった。

クレジットを観て、メローラ・ウォルターズとララ・フリン・ボイルが出てると知り、どこに??と思ったが、あの死せる詩人の会に闖入してきた女性の一人が、メローラ・ウォルターズなのだな。あとララ・フリン・ボイルは劇中劇の人物の一人だろう。しかしあんまり顔がうつってなかった。ツイン・ピークスの前ということで、こんな位置だったのか。

関連記事

羊たちの沈黙 「羊たちの沈黙」を観た。(テレビでやってた) 深夜のテレビでやってるアートシアターだか何だったかは、昔は途中にCMを一切入れないという放送だったよ...
ミセス・ダウト 「ミセス・ダウト」を観た。 突然、嫁が「私、ミセス・ダウトが観たいのだけど」というのである。 それはつまり面白い映画を観たいなあということである...
her/世界でひとつの彼女 「her/世界でひとつの彼女」を観た。 ホアキン・フェニックス主演のSFロマンスという感じの映画だ。コンピュータの声を演じたスカーレット・...
カンバセーション…盗聴… 「カンバセーション…盗聴…」を観た。 フランシス・F・コッポラ作品で、ジーン・ハックマン主演のサスペンス映画。超有名作品でしょう。前に一回...
アウェイ・フロム・ハー 君を想う 「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」を観た。 サラ・ポーリーの監督作。出演はしていない。高い評価を得た作品ということは知っていたが、今回初...
運命の逆転 「運命の逆転」を観た。 存在は知ってたけど観るのは初めてだ。 ジェレミー・アイアンズとグレン・クローズ。実話ベースの演技合戦。 わりと手堅...