ガリレオの苦悩

ガリレオの苦悩

東野圭吾「ガリレオの苦悩」を読んだ。

容疑者Xとかテレビとかの、あのガリレオ。
シリーズ最新作は長編と短編の同時リリースとなったらしいです。…が、図書館の予約数も半端じゃなく、やっと順番がまわってきた。

こちら「ガリレオの苦悩」は短編集。どうやらテレビの原作になったのもあるらしい。
テレビ観ないんでよくわかりませんが。

 
どちらかというと、物理ネタが無理矢理に仕込まれるくらいのもので、そんな大げさなシリーズでもないと思う。
探偵役の個性としてもだが、加賀恭一郎のほうが好感がある。(頼りがいがある)

さすがに刷り込まれてるのか、読んでる最中はコンビの女性は柴崎コウをイメージして読みやすかったのである。
あれは完全にアテ書きなんじゃないかな。

わりと楽しく、サクサク読めてよかった。

関連記事

追憶のかけら 貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。 最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。 途中のボリュームのある手記がすごい...
超・殺人事件 東野圭吾「超・殺人事件」を読んだ。 これは以前、誰かと飲んだときに電車の中で何か読むものを・・・と適当に本棚から取り出したので、まあ何回か読んだこ...
プリズム 貫井徳郎「プリズム」を読んだ。 好きか嫌いか、はっきりわかれると思う。 そういう作品であることは間違いない。 俺は、こういうのはありだと思...
使命と魂のリミット 東野圭吾「使命と魂のリミット」を読んだ。 普通…かなあ。 そんなに面白いってわけでもなかった。(なんか乱歩賞の作品を読んでるようだった) ...
秘密 東野圭吾「秘密」を読んだ。 実は初めて。映画も観たことはない。   もちろん東野圭吾作品は、「秘密」が映画化される前から読んでいたと思う。...
時生 東野圭吾「時生」を読んだ。初出では「トキオ」らしい。 わりと面白く読めた。と言っても、本来の、東野圭吾作品を読む動機にはならないと思う。 動...