ガリレオの苦悩

ガリレオの苦悩

東野圭吾「ガリレオの苦悩」を読んだ。

容疑者Xとかテレビとかの、あのガリレオ。
シリーズ最新作は長編と短編の同時リリースとなったらしいです。…が、図書館の予約数も半端じゃなく、やっと順番がまわってきた。

こちら「ガリレオの苦悩」は短編集。どうやらテレビの原作になったのもあるらしい。
テレビ観ないんでよくわかりませんが。

 
どちらかというと、物理ネタが無理矢理に仕込まれるくらいのもので、そんな大げさなシリーズでもないと思う。
探偵役の個性としてもだが、加賀恭一郎のほうが好感がある。(頼りがいがある)

さすがに刷り込まれてるのか、読んでる最中はコンビの女性は柴崎コウをイメージして読みやすかったのである。
あれは完全にアテ書きなんじゃないかな。

わりと楽しく、サクサク読めてよかった。

関連記事

宿命 東野圭吾「宿命」を読んだ。 さっさと読めたねえ。 確かに「宿命」だった。それは無茶だろうという結末だった。面白かったかというと、そうでもなかった...
超・殺人事件 東野圭吾「超・殺人事件」を読んだ。 これは以前、誰かと飲んだときに電車の中で何か読むものを・・・と適当に本棚から取り出したので、まあ何回か読んだこ...
使命と魂のリミット 東野圭吾「使命と魂のリミット」を読んだ。 普通…かなあ。 そんなに面白いってわけでもなかった。(なんか乱歩賞の作品を読んでるようだった) ...
夜明けの街で 東野圭吾「夜明けの街で」を読んだ。 なんだか作者の最高傑作みたいな宣伝がされてる新作なんだが…もうひどいもんだった。 (これまでもたびたび書いて...
流星の絆 東野圭吾「流星の絆」を読んだ。 図書館で予約して、どれだけ待たされたかなあ。半年以上経って、やっとまわってきた。 ドラマ化もされて有名ですよね。...
パラドックス13 東野圭吾「パラドックス13」を読んだ。 SFだったとは。 読み始めて驚いた。まあ理系な作者だしな。 なんかブラックホール理論が関係して、あ...