クロッシング

「クロッシング」を観た。

リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードルの3つの物語が交錯する。ほかにウィル・パットンとかエレン・バーキンとか、渋いキャストではある。

物語が交錯するっていっても、そんなにたいした交錯じゃない。基本的にリチャード・ギアが退職間際の事なかれ警官、イーサン・ホークが家庭に問題ありの乱暴麻薬捜査官、ドン・チードルが実は潜入捜査中だったりして、それなりに設定とか背景がかぶってる。
でも、だからどうなんだって感じに、それぞれの話がそれぞれ進むだけ。
もう少しラストに向けてまとまっていくとスッキリしたんだろうが、それは無かった。

でも雰囲気たっぷりの映像で、最初から最後まで、どうなるんだろうって思いで観ることができた。リチャード・ギアとか渋すぎだしなあ。

 

関連記事

コットンクラブ 「コットンクラブ」を観た。 リチャード・ギアとダイアン・レイン。 ダッチ・シュルツのエピソードと実在のコットン・クラブという舞台を中心に...
ゲッタウェイ スーパースネーク 「ゲッタウェイ スーパースネーク」を観た。 主人公にイーサン・ホーク。謎の男にジョン・ヴォイト。ヒロインにセレーナ・ゴメス。 車でひたす...
プリティ・ウーマン 「プリティ・ウーマン」を観た。 言わずとしれた大ヒット作。1990年の作品で、当時はみんな観たんじゃないだろうか? ところが俺は例によっ...
オーシャンズ13 「オーシャンズ13」を観た。 相変わらず豪華キャスト。イベント映画。 今回はアル・パチーノとエレン・バーキンの「シー・オブ・ラブ」コンビが相手…...
マグニフィセント・セブン 「マグニフィセント・セブン」を観た。 「七人の侍」をリメイクした「荒野の七人」の、リメイク作である。「七人の侍」は何度か観ている。「荒野の...
真実の行方 「真実の行方」を観た。 なんかエドワード・ノートンもので当たりを引いてないので、ここは原点でしょうと久しぶりに鑑賞。 やはり面白い。ちゃんとどん...