yami.jpg

北方謙三選「闇に香るもの」を読んだ。

今となっては随分と前、アパート探しに不動産屋をまわっていたとき、移動時間に何か読むもの・・・と、本屋で適当に購入したものだ。

鞄に入れて忘れてて、あーそういえばと、今日読んだ。

これは、まあ短編集なんだが、ラインナップが宮部みゆき、東野圭吾から勝目梓まで、さまざま。
勝目梓って。
はじめて読みましたよ。出張サラリーマンが新幹線の中でビール飲みながら読むエロ小説、って印象しかなかったですよ。

エロじゃない普通の小説だったけど、そのぶん普通すぎ。

つうか、他のもそうだけど、いまいちな作品ばかり選ばれて、安く作ったなあという印象。
面白いのありませんでした。
唯一、阿刀田高の「ギャンブル狂夫人」は、出典のもととなる短編集を読んでいたが、これも今読むと普通の小説。

あらためて、同じくらいの短編というボリュームでありながら、松本清張のクオリティが高いことに気付かされたのだった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です