食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字(上)

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字(上)

山田真哉「食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字(上)」を読んだ。

タイトルの通り。の話。
この人のバカ売れした本「さおだけ屋は何とか」と同様に、会計学の話である。

読んでて面白いし、すいすい読めるし、新書ならでは。
後は俺自身の問題だろうが、読んだあとに何も残ってないのである。困ったもんだ。

 
まーそういえば、具体的な数字をひょいひょい出せる人ってすごいなと思いますね、確かに。
そんなところに、うまく潜り込みたいものだ。

関連記事

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字(下)... 山田真哉「『食い逃げされてもバイトは雇うな』なんて大間違い 禁じられた数字(下)」を読んだ。 上巻を覆すかのようなタイトル。 内容としてはやはり...
ヒルズ黙示録 大鹿靖明「ヒルズ黙示録 検証・ライブドア」を読んだ。 読み応えあった。面白かった。 かなり村上ファンドについて詳しい。 テレビを観てるだけ...
3年で辞めた若者はどこへ行ったのか アウトサイダーの時代... 城繁幸「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか アウトサイダーの時代」を読んだ。 「若者はなぜ3年で辞めるのか?」の続編的な本。 昭和的な年功序列を...
文学賞メッタ斬り! 「文学賞メッタ斬り!」を読んだ。 これ、exciteブックスで時々やってる素敵な連載が本になった、という内容である。 Webでの連載はとても面白...
スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学... 「スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学」を読んだ。 身近なテーマで、経済をやさしく教えてくれる。 面白かった。 文章が平易でよい...
貧困大国ニッポン 2割の日本人が年収200万円以下... 「貧困大国ニッポン 2割の日本人が年収200万円以下」を読んだ。 巷に溢れてるワーキングプア系と一緒で、内容はそんなに目立ったところはない。 (...