食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字(上)

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字(上)

山田真哉「食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字(上)」を読んだ。

タイトルの通り。の話。
この人のバカ売れした本「さおだけ屋は何とか」と同様に、会計学の話である。

読んでて面白いし、すいすい読めるし、新書ならでは。
後は俺自身の問題だろうが、読んだあとに何も残ってないのである。困ったもんだ。

 
まーそういえば、具体的な数字をひょいひょい出せる人ってすごいなと思いますね、確かに。
そんなところに、うまく潜り込みたいものだ。

関連記事

文学賞メッタ斬り! 「文学賞メッタ斬り!」を読んだ。 これ、exciteブックスで時々やってる素敵な連載が本になった、という内容である。 Webでの連載はとても面白...
ワーキングプア 日本を蝕む病 「ワーキングプア 日本を蝕む病」を読んだ。 これは過去のNHKで放映されたものをテキストに起こしただけのものだ… と、読み始めて気づいたわけだが...
謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...
Hot Soup Processor 「HSP」についての本を購入。 とても読みやすく、電車の中で少しずつ読んでいる。 HSPというのは、Hot Soup Processorの略。 ...
アマゾン・ドット・コムの光と影―潜入ルポ... 「アマゾン・ドット・コムの光と影―潜入ルポ」を読んだ。 単行本でそれなりのボリュームだけど、文章は平易で一気に読んだ。 秘密主義のアマゾンを探る...
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」を読んだ。 タイトルに惹かれて買ったのだが内容も良かった。面白く読めた。 ...