最強のふたり

「最強のふたり」を観た。

Intouchables

実話をベースにしている。とある車いす生活の孤独な富豪と、その付添に雇われた黒人と。ふたりの物語。
それまでの介護人たちとは違う、フランクで失うものもない底辺な若い黒人のサバサバした性格は、思っていたよりも富豪の看護にぴったりだった。という話。
二人の交流が丹念に描かれる。なんというか、美談。

まあ、面白かったと思いますけどね…なんか突き抜けた感じはなかったかも。ゆるーいハートウォーミングストーリーというやつで、映画をまったく観ないけど彼女がヨーロッパ映画にはまってて付き合いで観ることになったらと面白かったなあ、という出会いに向いた作品だと思う。

車いすの富豪はダスティン・ホフマンに似てませんか。なんかそのせいか「レインマン」のテーマ音楽が脳内再生されてしまい面倒だった。

なんかネガティブな感じだが、全体として悪くない出来だと思います。映像、画質も実に映画的でしたし。なんだか伊坂幸太郎「チルドレン」を読みたくなってきたな。

 
最強のふたりコレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定仕様) [DVD]
B00APA14KK