世界中がアイ・ラヴ・ユー

世界中がアイ・ラヴ・ユー

「世界中がアイ・ラヴ・ユー」を観た。

ウディ・アレンでしかもミュージカル。
もう観ることもないだろうなあ。いや面白いわけでも面白くないわけでもないんだが。

たくさん出てる。それだけ救い。
エドワード・ノートンて歌うんだねえ。ジュリア・ロバーツって歌えないんだねえ。うわープリズン・ブレイクのTバッグ出てきたよ、とか、ティム・ロスも歌うんだねえ、とか。

とにかくなんでゴールディ・ホーンなんですかという基本的なところに最後まで引っかかった。
あとは何てことない話。

そんなに楽しめなかったかなあ。

関連記事

マッチポイント 「マッチポイント」を観た。 俺、ウディ・アレンを初めて観たのかもしれない。 食わず嫌いで観てなかったのか…? しかしいざ観てみると思いのほ...
ローマでアモーレ 「ローマでアモーレ」を観た。 ウディ・アレン監督作。毎年おしよせるウディ・アレン作品だ。ここのところバルセロナだロンドンだパリだとご当地グ...
ウォッチメン 「ウォッチメン」を観た。 なんかアートワークとかの雰囲気からは、かなり期待させられた。 原作はファンが多いそうです…この映画も、結構評判が良いそ...
M:i:III 「M:i:III」をまた観た。 ついこの間に観たばかりって感じなんだが、先日「ミッション:インポッシブル」を子供たちと観たとき、子供たちは...
モナリザ・スマイル 「モナリザ・スマイル」を観た。 戦後の、全寮制女学校での物語。 設定からして、なんかかったるそうではある。 あれかなあ、厳格なコミュニティ...
それでも恋するバルセロナ 「それでも恋するバルセロナ」を観た。 ウディ・アレン監督作である。またスカーレット・ヨハンソンですか。 この映画でペネロペ・クルスが助演女優賞を...