明日の記憶

明日の記憶

荻原浩「明日の記憶」を読んだ。

若年性アルツハイマーと闘う家族の物語。
追体験っていうんでしょうか、読んでてちょっと苦しくなる。自分にこんなことが起きたらどうするだろう…と、省みる機会を作ってくれた。

つまり素直に読書したってことか。良いことである。

 
まあ、エンターテインメントってわけじゃない。
ハッピーエンドは待ってはいない。じわっと苦いラスト。これから大変なんだろうなあと予想させる。

 
これで山本周五郎賞を受賞か…そうですかそうですか。
しかしそれにしても、自分にこういうことが起きたらどうするだろう…そればかり考えさせられた。

関連記事

チェーン・ポイズン 本多孝好「チェーン・ポイズン」を読んだ。 面白かった。 自殺を考えてる人と、複数の自殺に関連性を感じて調査する人と、2つの物語が進む話。 ...
砂漠 伊坂幸太郎「砂漠」を読んだ。 面白かった。たいしたもんだなあ。打率高いよ(あくまで俺にとってのフィーリングですから)。 なんか学生の頃が...
オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」を読んだ。 不思議な話だったなあ。面白かった。 わりと大仕掛けはなく、不思議な話が不思議に終わった。 他の...
2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト... 2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト。 あまり本を読めなかった。なぜだろう… 図書館で予約待ちになってる待機時間が多かった。その間は雑誌...
山ん中の獅見朋成雄 舞城王太郎「山ん中の獅見朋成雄」を読んだ。 面白かった。 冒頭からわけがわからなくって、途中からますます意味不明な展開になっていって、でも面白か...
サウスバウンド 奥田英朗「サウスバウンド」を読んだ。 なんか最近は奥田英朗ばっかりだな。 前半と後半で、がらりと舞台が変わる。 ずいぶんと変わるのだ。...