マイ・ライフ

マイ・ライフ

「マイ・ライフ」を観た。

初めて観たのだと思う。
うーん、つくづくこの数年で傾向としては明らかにそうなんだが、やっぱり感動ドラマ系は、昔は敬遠してたし観てもピンと来ないところもあったが、最近はそちら系にむしろポイントが高くなるのである。これはもう環境が変化してるわけだし歳を取ったということでもあるから、しょうがないところなのだろう。

と言い訳しているのは、この「マイ・ライフ」も昔だったら何の感動もしないだろうなと思ったからである。つまりは今回は観て、それなりに感動していた。これ1993年の映画ですか。

マイケル・キートンが癌で余命わずかで、でも子供が産まれるのでビデオメッセージを撮りまくる。
あと家族との和解とか。

ニコール・キッドマンはわりと添え物的。マイケル・キートンの父親の若かりし頃がリチャード・シフ。マイケル・キートンの弟がBradley Whitford、あとかなり後半でちょろっと出てくるのがクイーン・ラティファ。
キャスティングも悪くないし、マイケル・キートンがまあ結構達者。どちらかというと「バットマン」なんて黒歴史にしかなってなくて「絶体×絶命」といい今作といい、演技力はかなりのものだと思う。演技力というより雰囲気づくりかなあ。

関連記事

イノセント・ガーデン 「イノセント・ガーデン」を観た。 監督は「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク、脚本は何と「プリズン・ブレイク」の主役スコフィールドことウェ...
セブン 「セブン」を観た。 もう何度も観てる。何度観ても面白い。映像が出来すぎていると思う。 全体的には、どーんと抑鬱的な感じで最後までずーんと...
絶体×絶命 「絶体×絶命」を観た。 前にも観ている。これは1998年の作品だが、ぱっと見やや火サスっぽい安そうな雰囲気だからか、はたまた邦題が致命的ゆ...
デッド・カーム 戦慄の航海 「デッド・カーム 戦慄の航海」を観た。 そうなんだ、Dead Calm って「凪(無風)」のことなのか。 嵐の前の静けさってやつですな。...
虹蛇と眠る女 「虹蛇と眠る女」を観た。 ニコール・キッドマン、ジョセフ・ファインズ、ヒューゴ・ウィービング。 不思議な世界観、女性の多いスタッフ陣。そ...
ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ... 「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」を観た。 実話を元にしているらしい。フィッツジェラルド「華麗なるギャツビー」の編集担当、パーキンズ...