モダンタイムス

モダンタイムス

伊坂幸太郎「モダンタイムス」を読んだ。

説明するまでもなく、チャップリンの映画にちなんだタイトルだ。
久しぶりの伊坂幸太郎で興奮した。図書館で予約してから何ヶ月待ったかなあ。

 
読んでみて、途中まで「これはえらく面白いな」と驚いたもんだ。
少なくとも半分くらい、好意的に見れば三分の二くらい、かなり面白い。

近未来が舞台で、帯文にあるとおりの、検索するキーワードにより監視する社会。
主人公にはいきなりピンチに襲われ、危険な状況が続くんだが、そのなかで洒落っ気のある会話ってのが実に伊坂幸太郎テイストで。

そのまま続けば、わけわかんなくも面白い、という感想だったんだろうけど、途中から強引にまとめに入ろうとして、それでまとめきれてない感じがあって、中途半端な最後だった。

あんなのまとめなくていいのに、と思った。

関連記事

終末のフール 伊坂幸太郎「終末のフール」を読んだ。 やっとこさ図書館から借りられた。えらい待たされたな… 感想としては、まあまあだった。いや、いまいちだったな...
死神の精度 伊坂幸太郎「死神の精度」を読んだ。 これまた軽いタッチであっという間に読めた。 最初はかなり微妙に思いながら読み進んだけど、最後まで読む...
2008年上半期に読んだ本 まるで忘れてしまってた。2008年上半期に読んだ本の総ざらえ。 対象となるのはいつものごとく、1月-6月に読んだ「小説」。   恩田陸「夜のピクニ...
2006年 上半期に読んだ本のベストをやってみる... 2006年になって半年過ぎた。ので、上半期に読んだ本のベストをやってみる。(ブログのカテゴリわけって、こういうとき便利だ) 対象となるのは、「2006年1...
ラッシュライフ 伊坂幸太郎「ラッシュライフ」を読んだ。 いやー。 面白かったねえ。とても面白かった。 何も言うことはないよ。ぜひ誰もが読むべきだよこれ...
ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」を読んだ。 図書館に予約入れてから随分と待たされた。 なかなか面白かった。 クライムノベルというか、他の...