本の雑誌血風録

青葉台へ。

引っ越し先のアパートの申し込みだ。契約は4月の末だが、それまでに揃える書類の確認など。
書類に記入にして、ハンコを押して・・・

話は関係ないところに飛ぶが、青葉台へ向かう前に書店に入った。
何か暇をつぶせないかなあと本を探したりする。
とりあえずパソコンの雑誌を決めるが、そこで椎名誠の「本の雑誌血風録」が売っていた。

いつのまにやら文庫になったらしい。
迷わず買う。

すぐにその文庫のほうから読み始めたのだが、やはり面白い。あと読みやすい。
青葉台から帰ってくるころにはあっというまに半分くらい読み終えていた。

本当は今日は部屋を片づける作業に入るかなあと思っていたのだが、酒を飲み始めると「どうでもいいかあ」と思ってしまった。