神のふたつの貌

神のふたつの貌
貫井徳郎「神のふたつの貌」を読んだ。

三章構成。大仕掛けが施されている。(でもかなり最初の段階で気づいてしまった)

テーマはかなり意欲的だった。キリスト教徒が「神って?」と悩んだりして、それをもっと追求してくれると面白い物語だったかもしれないが、平凡に殺人に絡めてあったので…まあ普通な感じになってた。

ストーリーはよくできているけれども、こみあげてくるものとか同調できるところが少なかった。

関連記事

真夜中のサバナ 「真夜中のサバナ」を観た。 クリント・イーストウッド監督作。ジョン・キューザックとケビン・スペイシー。あと多分まだ売れて無い頃のジュード・...
THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション... 「THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション」を観た。 邦題が「THE FORGER」なのか「ザ・フォージャー」なのかはっきりし...
ロフト. 「ロフト.」を観た。最後のドットは何だろう。 ベルギー発のサスペンス、ということです。ときどきこういうのがある。ベルギーではかなりの人が観たとか観...
Rのつく月には気をつけよう 石持浅海「Rのつく月には気をつけよう」を読んだ。 連作短編。 なんか親友同士の食事会に毎度ゲストが来て、それで卓上推理っていうんでしょうか。 ...
パルプ・フィクション 「パルプ・フィクション」を観た。 劇場公開は観てないが、ビデオ公開以来何度も何度も観てる。 なので話とか台詞とかほとんど覚えてると思ってて(でも...
追憶のかけら 貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。 最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。 途中のボリュームのある手記がすごい...