犯人に告ぐ

犯人に告ぐ
雫井脩介「犯人に告ぐ」を読んだ。

まあまあ。
でもこの作者には期待してるのです。「虚貌」「火の粉」と確実に力をつけていると思う。

今回はスーパーマンみたいな人物は登場せず、そのへんもわりと良かった。

序盤のくいつかせはすごい。読み手の心をえぐるようなシーンも良い。「虚貌」のオープニングとか、「火の粉」の財産分与のところとか、あのへんを思わせるシーンが今回もあって、それは記者会見のシーンなんだが、まー会話のうまいこと。

なんだろうなこの人は、という思いで読みました。
どんどん出してほしいですね。

 

犯人に告ぐ
雫井 脩介

火の粉 天使のナイフ 虚貌〈上〉 虚貌〈下〉 容疑者Xの献身
by G-Tools

 

関連記事

犯罪小説家 雫井脩介「犯罪小説家」を読んだ。 やっと来た新作。 文学賞を受賞した小説家。その作品を映画化しようという話になって起用された新進の作家監督。...
虚貌 雫井脩介「虚貌」を読んだ。 バイト先の人に「これは面白い。読み出したら止まらない」と言われ、貸してもらった本だ。俺にとって全く無名の作家というか、...
火の粉 雫井脩介「火の粉」を読み終えた。 うーん、最後は地味だった。 なんというか、ひねったとこはなく、王道のドラマのようであった。簡単にテレビ化できそうな...
ビター・ブラッド 雫井脩介「ビター・ブラッド」を読んだ。 実に、実に、雫井脩介っぽくない作品だった。 刑事小説というか警察小説というか、何ていうんだろうデカ・ザ・...
クローズド・ノート 雫井脩介「クローズド・ノート」を読んだ。 予約してからかなり待たされたなあ。半年くらい待ったんじゃないでしょうかね。 「火の粉」「犯人に告ぐ」か...
殺気! 雫井脩介「殺気!」を読んだ。 おいおいおいおい。 大丈夫か雫井脩介。なんか少しも面白くなかった。 主人公は女子大生で、子供の頃の体験がもと...