若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来

城繁幸「若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来」を読んだ。
なかなか面白かった。

みんなが3年で辞めるわけではなくて、3年で3割が辞めていくのだそうです。
なんでそうなんのかってことを、年功序列制に絡めて読める。

 
年功序列と成果主義が実は相反しない、という主義で一貫しているので話がわかりやすい。
わかりやすいんだが、解決策が見えないので切なくなった。

まあ自分はとてもとても若者ではありませんので、いかにその、ぱっとしない世の中にうまく溶け込めるか、そんなことが課題になりました。

 
新書はぱっと読めていいね。一時間もかかったかな…
 

関連記事

スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学... 「スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学」を読んだ。 身近なテーマで、経済をやさしく教えてくれる。 面白かった。 文章が平易でよい...
文学賞メッタ斬り! 「文学賞メッタ斬り!」を読んだ。 これ、exciteブックスで時々やってる素敵な連載が本になった、という内容である。 Webでの連載はとても面白...
独断流「読書」必勝法 清水義範+西原理恵子「独断流『読書』必勝法」を読んだ。 またこのコンビ。 どんどん相乗効果が薄れていってる二人組という認識だ(大半は清水義範の筆...
謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...
「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字(下)... 山田真哉「『食い逃げされてもバイトは雇うな』なんて大間違い 禁じられた数字(下)」を読んだ。 上巻を覆すかのようなタイトル。 内容としてはやはり...
ヒルズ黙示録 大鹿靖明「ヒルズ黙示録 検証・ライブドア」を読んだ。 読み応えあった。面白かった。 かなり村上ファンドについて詳しい。 テレビを観てるだけ...