BG、あるいは死せるカイニス

BG、あるいは死せるカイニス

石持浅海「BG、あるいは死せるカイニス」を読んだ。

前から題名が気になっていたが、読んでなかった。
読んでみると、なるほど石持浅海クオリティである。

女性社会で、男性はすごく少ない。女性が途中で男性に性転換することでかろうじて人類が存続できてる世界。

ときどきあるが、このような(パラレルワールドとも違うか)仮想世界で、物語が進行するのだ。もしもボックス小説という感じだ。

女性が性転換することに大きな秘密はなくて、それが当たり前となっている世界。その設定のうえで、ミステリー。
風変わりだ。

そしてミステリー部分も、石持浅海クオリティ。
皆が人道的で、理系にディスカッションがあって、物語が解決していく。

 
変わった作風だが、ほとんど読んでいることを考えると嫌いじゃないのかもしれない。
あっという間に読めて、暇つぶしになった。

 

関連記事

ガーディアン 石持浅海「ガーディアン」を読んだ。 連作中篇2つ。(短編といってもいいかも) ガーディアンと呼ばれる、守護神に主人公は守られていて、主人公に危害...
賢者の贈り物 石持浅海「賢者の贈り物」を読んだ。 (しかし多作な作家だ) もちろん、「賢者の贈り物」と言えば、オー・ヘンリーの短編であるけど、今回の石持浅海ク...
扉は閉ざされたまま 石持浅海「扉は閉ざされたまま」を読んだ。 久しぶりに買って読んだのだ。書店をぷらぷらしてて目に飛び込んできた「このミス」2位の売り出し文句。それか...
温かな手 石持浅海「温かな手」を読んだ。 また連作短編。 限定された空間で、限られた情報で、ディスカッションの果てに解決されるってのは相変わらず。 ...
セリヌンティウスの舟 石持浅海「セリヌンティウスの舟」を読んだ。 やはり石持浅海クオリティ。 考えてみたら多作で同じクオリティを叩き出すんだから、たいしたもんかもしれ...
アイルランドの薔薇 石持浅海「アイルランドの薔薇」を読んだ。 なかなか。すげー面白いとまで行かないが、そこそこ。 石持浅海のアベレージというか、水準がだいぶわかって...