わたくし率イン歯ー、または世界

わたくし率イン歯ー、または世界

川上未映子「わたくし率イン歯ー、または世界」を読んだ。

奇をてらったタイトル。
この作者が「乳と卵」で芥川賞を受賞したということで、それじゃあ読んでみるかと思ったものの図書館では予約が殺到していたので、こちらを借りた。

この本も芥川賞候補なんですか。そうですか。

 
読み出してすぐに、舞城王太郎「煙か土か食い物」を連想した。
それだったらそれで嫌いじゃないし、期待してしまった。

が、それほど面白くもなかった。

 
どちらかと言えば、舞城王太郎「煙か土か食い物」のほうが面白いと思う。
なんか、描きたいことを文章に載せきれてないのではと思った。もっと書きたいのに疲れたのかな?という感じ。

世界観もへったくれもない。ボリュームが少ないし。
正直、オープニングで終わってるような気がした。

うーん…まだ判断できない。もう一つくらい読んでみないと。

 

関連記事

暗闇の中で子供 舞城王太郎「暗闇の中で子供」を読んだ。 前作の「煙か土か食い物」を読んだのはいつのことだったか… 一年以上前だ。松戸に住んでたときですな。ああ、...
山ん中の獅見朋成雄 舞城王太郎「山ん中の獅見朋成雄」を読んだ。 面白かった。 冒頭からわけがわからなくって、途中からますます意味不明な展開になっていって、でも面白か...
みんな元気。 舞城王太郎「みんな元気。」を読んだ。 ちょっといまいちだった。 表題作を含む、中短編集。なのだが、表題作の「みんな元気。」がとにかく読みづらかっ...
煙か土か食い物 舞城王太郎「煙か土か食い物」を読んだ。 いや、えらく面白かった。 なんすかこれは。こういう人がいたのか。 最初からすごい文体なんだが一気に...
阿修羅ガール 舞城王太郎「阿修羅ガール」を読んだ。 俺は面白かったのです。(会社でそれを言うと、これのどこが面白いのか?と感性を疑われたのだが) うーん面白か...