わたくし率イン歯ー、または世界

川上未映子「わたくし率イン歯ー、または世界」を読んだ。

奇をてらったタイトル。
この作者が「乳と卵」で芥川賞を受賞したということで、それじゃあ読んでみるかと思ったものの図書館では予約が殺到していたので、こちらを借りた。

この本も芥川賞候補なんですか。そうですか。

 
読み出してすぐに、舞城王太郎「煙か土か食い物」を連想した。
それだったらそれで嫌いじゃないし、期待してしまった。

が、それほど面白くもなかった。

 
どちらかと言えば、舞城王太郎「煙か土か食い物」のほうが面白いと思う。
なんか、描きたいことを文章に載せきれてないのではと思った。もっと書きたいのに疲れたのかな?という感じ。

世界観もへったくれもない。ボリュームが少ないし。
正直、オープニングで終わってるような気がした。

うーん…まだ判断できない。もう一つくらい読んでみないと。