幸福の条件

幸福の条件

「幸福の条件」を観た。

実は初めて観たのだが、どうなんでしょう、あんまり映画を観たって気分にはならなかったな。

なんか救われない気分になった。もっとじれったい感じでひきつける映画なのかと思ってたよ。それがあっさりやっちまって、それでうまくいかなくなって、それでも最後はくっつく、という「なんじゃそりゃ」的なストーリーで、これのどこが映画的なのだろうと思ってしまった。

ウディ・ハレルソンていい役者だ。ロバート・レッドフォードってどこがいい男なんだろう。デミ・ムーアはガッチリしてて好きになれなかった。

と、ここまで書いて「あー役者が好きならば映画も好きになれるのかな」と思いなおした。ダイアン・レインの不倫のやつ、嫌いじゃないなそういえば。

デミ・ムーアが好きになれないのか?
そういうことなんだろうかね。

あと全般的に音楽がいけてなかった。

関連記事

今宵、フィッツジェラルド劇場で 「今宵、フィッツジェラルド劇場で」を観た。 ロバート・アルトマン監督の遺作。 「ゴスフォード・パーク」は面白かった。俺って群像劇が好きなのかもし...
エドtv ※エントリ重複してますが ホームページの更新作業に追われているうちに、いつのまにか年が明けてた。 もちろんそれは嘘であって、それでも何気なく21...
7つの贈り物 「7つの贈り物」を観た。 ウィル・スミスにウディ・ハレルソンやバリー・ペッパーなど渋いキャスティング。 悲しいストーリーの映画で、最後にスカッと...
ハード・プレイ 「ハード・プレイ」を観た。 何度か観てる。好きな映画。 基本的にはウディ・ハレルソンとウェズリー・スナイプスの賭けバスケの話。終盤ではロ...
スキャナー・ダークリー 「スキャナー・ダークリー」を観た。 なんか不思議映画っぽくて敬遠してた。 (二次元の香りというか。そのまんまだが)   フィリップ・K・...
俺たちは天使じゃない 「俺たちは天使じゃない」を観た。 何度か観てる。 本当はコメディのはず。それがコメディになりきれないのは、ロバート・デ・ニーロのよるところが大き...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です