ウルトラヴァイオレット

「ウルトラヴァイオレット」を観た。

なんかもうバイオハザードを連想させそうな雰囲気ですが…果たしてその通り。
ミラ・ジョヴォヴィッチはどこへ行きたいんだろうか。
(綺麗だけど)

 
書くことがない…最初のバイクすっ飛ばすところはドーンとくるが、もう「CGですからね!」という気合だけが伝わってくるという。
話なんてあってないようなもんだ。それにしてもなんで「変に統率された近未来」で「人々の心は退廃していて」、そんな中「唐突にとても強い主人公」がいて、「バッタバッタと、カンフーアクション」なんでしょうなあ。

どうして、どれもこれもカンフーSFなんだよ。
マトリックスのせいか?そうなのか?

 
どうしたいんだろうなあ、ミラ・ジョヴォヴィッチ…
(綺麗だけど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です