時生

時生

東野圭吾「時生」を読んだ。初出では「トキオ」らしい。

わりと面白く読めた。と言っても、本来の、東野圭吾作品を読む動機にはならないと思う。
動機って言い方は変かもだが、やはり本格ものを求めているのでこういう「爽やかな」感動ものというのは評価が難しい…少なくとも感動はしなかった。しかし面白く最後まで読めた。一番最後の行の台詞は良いと思ったし、何より読みやすい。

これはあれですね、あと10年とか15年とか経ってから読んだらもっと感慨深いのかもしれないな。
20代のころを懐かしめる、という意味で。

どうだろうな。東野圭吾としておすすめはできないが、単に読み物としては良いと思いますよ。

関連記事

分身 東野圭吾「分身」を読んだ。 なんか途中からは、だーっと読んだが、やはり満足できなかった。 「あーこれは、驚きの結末とかは、無いだろうな」とわかっ...
変身 東野圭吾「変身」を読んだ。 素直なSFドラマ、という感じ。東野圭吾ってこういうの多いな。面白いといえば面白いが、好きではない。 やたらもったいぶ...
ゲームの名は誘拐 東野圭吾「ゲームの名は誘拐」を読んだ。 じつに東野圭吾らしいというか。軽さが。 どんでん返しも実にそれっぽい。「さあーそろそろ引っくり返しますよ...
使命と魂のリミット 東野圭吾「使命と魂のリミット」を読んだ。 普通…かなあ。 そんなに面白いってわけでもなかった。(なんか乱歩賞の作品を読んでるようだった) ...
最愛 真保裕一「最愛」を読んだ。 最後まで一気に読み進めた。かなりワンシッティング。それは素晴らしいことだと思った。 …しかし。 読み終わっての...
赤い指 東野圭吾「赤い指」を読んだ。 図書館に予約してから半年ほど…やっと順番がまわってきた。 (数百人待ちだったと思う。でも、区内で10冊以上は回転し...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です