ル・ディヴォース パリに恋して

ル・ディヴォース パリに恋して

「ル・ディヴォース パリに恋して」を観た。

なんか軽いコメディかと思ってた(しかもパリで)が、そうでもなかった。
いやコメディではあるんだが、テンポよくなかったり明るくなかったりして、なんとも不思議なドラマ仕立てといいますか、どうしたいんだかよくわからない。

ナオミ・ワッツとケイト・ハドソンが姉妹で、ナオミ・ワッツは妊娠してるんだが旦那に出ていかれて、ケイト・ハドソンは親戚の爺に愛人契約を言い寄られて受け入れて。そんな感じでダラーっと話が進む。

どちらかというと、ケイト・ハドソンが主役だ。ケイト・ハドソンってゴールディ・ホーンの娘なのな。なんか七光り演技が鼻につくんだなあ。「ブライダル・ウォーズ」のときも、どうも応援できない魅力の無さであった。

愛人契約をしてその場その場を楽しんだり、結婚してなくても子供を産んだり、まあフランスの特殊な文化習慣といいますか、そういうのがやや悪い意図で描かれてはいないか?少なくとも誇らしげではない感じがした。

関連記事

リチャード・ニクソン暗殺を企てた男... 「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」を観た。 以前に観たことある。その時は面白かった感想。今回も同様に面白かった。もうショーン・ペンが素...
キング・コング 「キング・コング」を観た。 観たことなかったんだが、180分と聞いていたので、かなり覚悟のうえ鑑賞。 ナオミ・ワッツが37歳にして頑張っているの...
ブライダル・ウォーズ 「ブライダル・ウォーズ」を観た。 アン・ハサウェイとケイト・ハドソンが幼馴染だが、同じ日に結婚式を挙げることになってしまい、揉めに揉めるという話。...
マイ・ライフ・メモリー 「マイ・ライフ・メモリー」を観た。 ナオミ・ワッツ主演。あとマット・ディロンとノーマン・リーダス。 DVDジャケットからは若干の爽やかさ...
21グラム 「21グラム」を観た。 以前にも観たことある。力作。 監督はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、脚本はギジェルモ・アリアガという最強...
私だけのハッピー・エンディング 「私だけのハッピー・エンディング」を観た。 ケイト・ハドソン、ガエル・ガルシア・ベルナル。他にRosemarie DeWitt(なぜ妊婦役...