ル・ディヴォース パリに恋して

ル・ディヴォース パリに恋して

「ル・ディヴォース パリに恋して」を観た。

なんか軽いコメディかと思ってた(しかもパリで)が、そうでもなかった。
いやコメディではあるんだが、テンポよくなかったり明るくなかったりして、なんとも不思議なドラマ仕立てといいますか、どうしたいんだかよくわからない。

ナオミ・ワッツとケイト・ハドソンが姉妹で、ナオミ・ワッツは妊娠してるんだが旦那に出ていかれて、ケイト・ハドソンは親戚の爺に愛人契約を言い寄られて受け入れて。そんな感じでダラーっと話が進む。

どちらかというと、ケイト・ハドソンが主役だ。ケイト・ハドソンってゴールディ・ホーンの娘なのな。なんか七光り演技が鼻につくんだなあ。「ブライダル・ウォーズ」のときも、どうも応援できない魅力の無さであった。

愛人契約をしてその場その場を楽しんだり、結婚してなくても子供を産んだり、まあフランスの特殊な文化習慣といいますか、そういうのがやや悪い意図で描かれてはいないか?少なくとも誇らしげではない感じがした。

関連記事

インランド・エンパイア 「インランド・エンパイア」を観た。 デヴィッド・リンチ監督作品。「マルホランド・ドライブ」は面白かった…確か。 予告編を観る限りでは、面白いので...
ペインテッド・ヴェール ある貴婦人の過ち... 「ペインテッド・ヴェール ある貴婦人の過ち」を観た。 ナオミ・ワッツ主演。あとエドワード・ノートンとリーヴ・シュレイバー。米中カナダ合作だ...
運命の逆転 「運命の逆転」を観た。 存在は知ってたけど観るのは初めてだ。 ジェレミー・アイアンズとグレン・クローズ。実話ベースの演技合戦。 わりと手堅...
パーフェクト・プラン 「パーフェクト・プラン」を観た。 ジェームズ・フランコとケイト・ハドソン。製作になぜかトビー・マグワイア。あとトム・ウィルキンソン。 ...
美しい人 「美しい人」を観た。 「彼女を見ればわかること」や「愛する人」のRodrigo García脚本監督である。本作は「彼女を見ればわかること...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)... 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を観た。 タイトル長いな。これは「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを...