ブレイブ ワン

「ブレイブ ワン」を観た。

復讐するは我にあり…がテーマだと思う。
神が復讐してくれるのか?とか法の裁きは?とか。

序盤の残酷描写があるせいで、どうしても観る側はジョディ・フォスターを応援してしまうわけなので、中立に考えることはできない。
ラストに対して賛否両論だったらしいが、そうなのか?
(あれは賛成できないけど、同情できるから難しいのだろう)

 
それにしてもジョディ・フォスターはここのところサスペンス調のものが続きますね。
うーむ、ダイアン・レインやジェニファー・コネリーとは格が違うのだろうなあ、こういった作品の主役がまわってくるというのは。この年代でこの手の映画で主役張れる女優って少なそうだし。

 
ただ、そろそろ演出とか雰囲気とかじゃない、演技力で勝負するような(はっきりとアカデミー賞を狙うような)作品を観てみたい気もする。

あとLOSTのNaveen Andrewsが出てくるんだが、あれはひどかった。
こんなキャリアを積んで何の意味があるんだろうと思うくらいのキャスティングだった。

メアリー・スティーンバージェンもなあ…
あそこでこの人が必要か??と。

 

ブレイブ ワン 特別版 [DVD]

ブレイブ ワン 特別版 [DVD]
ゴーストライダーTM デラックス・コレクターズ・エディション エクステンデッド版(2枚組) [DVD] フライトプラン [DVD] ソード・フィッシュ 特別版 [DVD] 16ブロック [DVD] パーフェクト・ストレンジャー [DVD]
by G-Tools