あの日、欲望の大地で
あの日、欲望の大地で

「あの日、欲望の大地で」を観た。

The Burning Plain

2008年の映画。シャーリーズ・セロン、キム・ベイシンガー、ジェニファー・ローレンス。「アモーレス・ペロス」「21g」「バベル」「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」で脚本のギジェルモ・アリアガで、本作では監督も。

とても面白かった。力作だった。ギジェルモ・アリアガは恐るべしだ。こんな高水準の脚本を連発してるこいつは何者なのだ。
観る前は、シャーリーズ・セロンが何だか体当たりで満たされない日常をダラーっとやる映画なのかと勘違いしていた。やはり他作品と同様に、いくつかの場面がポンポン描かれて、最初は何だかよくわからなかったんだけど、少しずつ理解が出来てくるとがっつり重い話で…という、いつもの力作パターンだ。

シャーリーズ・セロンもキム・ベイシンガーも熱演だったが、やはりジェニファー・ローレンスだろう。「ウィンターズ・ボーン」よりも前だが、なんとまあこういう役がぴったり似合うのだろうと思った。

しかしギジェルモ・アリアガは恐るべしだな…

 
あの日、欲望の大地で [DVD]
B002ZREP9I