ロード・オブ・クエスト ドラゴンとユニコーンの剣

「ロード・オブ・クエスト ドラゴンとユニコーンの剣」を観た。

1063029

なんだこりゃあ…という感想が、観てる最中から観終わって変わらない感想。
Danny McBrideが脚本と主演を兼ねる。共演は、ジェームズ・フランコ、ナタリー・ポートマン、ズーイー・デシャネルと、主演以外は悪くない感じ。
しかしナタリー・ポートマンでファンタジーとは…

Danny McBrideはジェームズ・フランコの弟で、このファンタジーの世界では出来る頼もしい兄に比較される対象。悪いやつを倒しに行く過程でナタリー・ポートマンに出会い、少しずつ弟は変わっていく。

とにかく下ネタのオンパレードだ。決して家族で観てはいけない。大変なことになる。
ジェームズ・フランコもナタリー・ポートマンも皆が下ネタに参加している感じで、いったい2011年に何を発表して世に問いたいのだという気がしないでもないが、まあとにかくファンタジーって時点で意味がわからないんだよなあ…

あのミノタウロス… 従者相手にガツガツといきり立って、ナタリー・ポートマンが吹くパンパイプの音色に反応して、シューンとおとなしくなるところなんて、かなり、なんていうんですかね、ハリウッドを震撼させるような最低シーンじゃないかと思うのですが、そのあたりどうなのだろう。

ジェームズ・フランコは達者だったが、ナタリー・ポートマンは何だか背伸びして似合ってない感じの立ち位置でしたね。
しかし凄い下ネタ映画だった。

 
ロード・オブ・クエスト ?ドラゴンとユニコーンの剣? [DVD]
B0078YT0VG