リチャード・ニクソン暗殺を企てた男

リチャード・ニクソン暗殺を企てた男

「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」を観た。

なかなかのものでした。
ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ドン・チードル。

ショーン・ペンがタイトルロールなのだが、これ2004年の映画なのだが、なぜにリチャード・ニクソン暗殺の頃の話をやるんだろう…9.11?あれは少し前だしなあ。

ナオミ・ワッツが金髪じゃなくて、売れてない頃なのかと思ったがそうじゃない。「21g」の共演組が直後に再び、というやつだ。あれも面白かったが、これも面白かった。

確実に格差社会が進むアメリカで、ドロップアウトしたショーン・ペンが何をやってもうまくいかず、やがてリチャード・ニクソンを暗殺しようと目論むわけだ。このプロセスをじっくり追う映画。

観てて「ああ、これは『タクシー・ドライバー』再びだなあ」と思った。

主人公は何をやってもうまくいかないんだが、でも観てて思うのは、最初の家具のセールスを頑張ってやるべきなのだ。「嘘をつくのは嫌だ」とか「社会が間違ってる」などと言いながらセールスがうまくいかないのは、やはり屁理屈だと思う。あれだけチャンスがありながらうまくいかないっていう演出も、ちょっとどうかと思うときもあった。

この映画、レオナルド・ディカプリオとかアルフォンソ・キュアロンとかが制作にいるのか。どういうわけだろう。監督は無名の人っぽいが、このあと特に注目されているわけでもないようだ。これもどういうわけだろう。

それにしてもショーン・ペンの鬼気迫る演技ってやつですか。これはどの映画もそうだからタイプキャストとも言えるが、「ミルク」といい、ショーン・ペンのところにこういう作品が寄ってくるっていうのがすごい。

最後の最後のシーン、やられた。びしっと締まった。

 

リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 [DVD] リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 [DVD]
ニルス・ミュラー

ミスティック・リバー 特別版 〈2枚組〉 [DVD] プレッジ ― スペシャル・エディション [DVD] 21グラム [DVD] トゥルー・クライム 特別版 [DVD] カンバセーション・・・盗聴・・・ [DVD]
by G-Tools