さよなら、そしてこんにちは

さよなら、そしてこんにちは

荻原浩「さよなら、そしてこんにちは」を読んだ。

短編集。
いろんな職業の人間模様。

つまらなくはないけど、突出して面白いのもない。

 
一貫したテーマはない。
それぞれの短編は、まあちょっとおかしかったり、ちょっと悲しかったり、まさしく荻原浩テイストなんだが、そこで優れたものがないというか。

振れ幅が小さくて、中途半端。ちょっと何とかのちょっとが小さすぎるというか…何をもって読者に感じさせたいのかわかりにくかった。

 
小ネタは面白いんだけどなあ。
文章に小ネタをちょいちょい挟み込むなんてのは良いんだけど繋がらないのが惜しい。

 
荻原浩のだったら他にいいものがあるので、これからじゃなくてもいいかも。

 

関連記事

夜のピクニック 恩田陸「夜のピクニック」を読んだ。 以前に「Q&A」を読んだときは微妙で(もう少し読んでみないと判断できない)という結論だったので、代表作を読んでみた...
ハードボイルド・エッグ 荻原浩「ハードボイルド・エッグ」を読んだ。 さえないハードボイルド物語。もうそんな感じ。これでほぼ概要。 荻原浩テイストが確かに。ちょっと面...
誘拐ラプソディー 荻原浩「誘拐ラプソディー」を読んだ。 まあまあ面白かった…かな?荻原浩テイスト。 これはこれで面白いけど、もっと面白かった荻原浩作品はあった、と...
ちょいな人々 荻原浩「ちょいな人々」を読んだ。 短編集。 ほのぼの人間模様。軽いなあ。あっという間もなく読み終わったよ。 全体的にほのぼのしてる。 な...
愛しの座敷わらし 荻原浩「愛しの座敷わらし」を読んだ。 地方に左遷されたサラリーマンとその家族の話。 住まいをとってもとっても不便な古民家にして、家族は引越してく...
ビター・ブラッド 雫井脩介「ビター・ブラッド」を読んだ。 実に、実に、雫井脩介っぽくない作品だった。 刑事小説というか警察小説というか、何ていうんだろうデカ・ザ・...