さよなら、そしてこんにちは

さよなら、そしてこんにちは

荻原浩「さよなら、そしてこんにちは」を読んだ。

短編集。
いろんな職業の人間模様。

つまらなくはないけど、突出して面白いのもない。

 
一貫したテーマはない。
それぞれの短編は、まあちょっとおかしかったり、ちょっと悲しかったり、まさしく荻原浩テイストなんだが、そこで優れたものがないというか。

振れ幅が小さくて、中途半端。ちょっと何とかのちょっとが小さすぎるというか…何をもって読者に感じさせたいのかわかりにくかった。

 
小ネタは面白いんだけどなあ。
文章に小ネタをちょいちょい挟み込むなんてのは良いんだけど繋がらないのが惜しい。

 
荻原浩のだったら他にいいものがあるので、これからじゃなくてもいいかも。

 

関連記事

夜のピクニック 恩田陸「夜のピクニック」を読んだ。 以前に「Q&A」を読んだときは微妙で(もう少し読んでみないと判断できない)という結論だったので、代表作を読んでみた...
2007年上半期に読んだ本 忘れてたが、2007年1月?6月に読んだ小説。   吉田修一「悪人」 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」 吉田修一「ランドマーク」 奥田英朗「家日和...
明日の記憶 荻原浩「明日の記憶」を読んだ。 若年性アルツハイマーと闘う家族の物語。 追体験っていうんでしょうか、読んでてちょっと苦しくなる。自分にこんなこと...
荻原浩「噂」を読んだ。 タイトルがいけてない。まあそれはともかく、話は普通な感じ。たくさん本を読んでる人ほど、物足りなさを覚えるのではないだろうか...
ちょいな人々 荻原浩「ちょいな人々」を読んだ。 短編集。 ほのぼの人間模様。軽いなあ。あっという間もなく読み終わったよ。 全体的にほのぼのしてる。 な...
メリーゴーランド 荻原浩「メリーゴーランド」を読んだ。 なんだかんだ言って荻原浩を読みまくっているな。 不思議だが…なんだろう。正直、傑作ぞろいだとは思わないけれ...