さよなら、そしてこんにちは

さよなら、そしてこんにちは

荻原浩「さよなら、そしてこんにちは」を読んだ。

短編集。
いろんな職業の人間模様。

つまらなくはないけど、突出して面白いのもない。

 
一貫したテーマはない。
それぞれの短編は、まあちょっとおかしかったり、ちょっと悲しかったり、まさしく荻原浩テイストなんだが、そこで優れたものがないというか。

振れ幅が小さくて、中途半端。ちょっと何とかのちょっとが小さすぎるというか…何をもって読者に感じさせたいのかわかりにくかった。

 
小ネタは面白いんだけどなあ。
文章に小ネタをちょいちょい挟み込むなんてのは良いんだけど繋がらないのが惜しい。

 
荻原浩のだったら他にいいものがあるので、これからじゃなくてもいいかも。

 

関連記事

誘拐ラプソディー 荻原浩「誘拐ラプソディー」を読んだ。 まあまあ面白かった…かな?荻原浩テイスト。 これはこれで面白いけど、もっと面白かった荻原浩作品はあった、と...
オロロ畑でつかまえて 荻原浩「オロロ畑でつかまえて」を読んだ。 また荻原浩。なんか最近この人ばっかりだな。 なんでって、いや別に特別に面白いというわけでもないんだが、...
メリーゴーランド 荻原浩「メリーゴーランド」を読んだ。 なんだかんだ言って荻原浩を読みまくっているな。 不思議だが…なんだろう。正直、傑作ぞろいだとは思わないけれ...
ビター・ブラッド 雫井脩介「ビター・ブラッド」を読んだ。 実に、実に、雫井脩介っぽくない作品だった。 刑事小説というか警察小説というか、何ていうんだろうデカ・ザ・...
2007年上半期に読んだ本 忘れてたが、2007年1月?6月に読んだ小説。   吉田修一「悪人」 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」 吉田修一「ランドマーク」 奥田英朗「家日和...
あの日にドライブ 荻原浩「あの日にドライブ」を読んだ。 薄くて軽い。あっという間に読めた。 会社をドロップした人がやむなくタクシー運転手になるが、プライドが邪魔し...