手紙

手紙

東野圭吾「手紙」を読んだ。

なかなかの力作。一気に読んでしまった。仕事の行きと帰りの電車の中で読むのだけど、ずばり行きと帰りでほとんど読み終えてしまった。

話の内容を詳しく書くとよくないと思うが、とにかく主人公の運命というか生き方に、ぐいぐい惹きつけられるものがあった。ちょいと途中から昼ドラマのようになったかもだが。でも昼ドラマの魅力が詰まっている感じでした。

最後、そんなに綺麗にまとめなくても・・・と思った。もっと救いがない感じでもいいのにと思った。

文庫であれば読んでいいと思います。感動作ではあると思いますよ。泣きはしなかったが。
どちらかというと筆力に感心した。

 

手紙
東野 圭吾

秘密 夜のピクニック 地下鉄(メトロ)に乗って 真相 分身
by G-Tools

関連記事

初恋温泉 吉田修一「初恋温泉」を読んだ。 この作者の本には基本的に外れが少ないと思う。 これもさらっと読める軽いものだったけど、良い作品でした。 い...
パラドックス13 東野圭吾「パラドックス13」を読んだ。 SFだったとは。 読み始めて驚いた。まあ理系な作者だしな。 なんかブラックホール理論が関係して、あ...
松本清張全集15 松本清張全集15「けものみち」を読んだ。 面白かった。すごいボリュームでした。 ドラマは見てないけど、嫁に聞いた感じではちょくちょく脚色されてい...
ジェシカが駆け抜けた七年間について... 歌野晶午「ジェシカが駆け抜けた七年間について」を読んだ。 一気に読んでしまった。ということは、面白かったのだろう。 最後のほうまでどのように転が...
殺人の門 東野圭吾「殺人の門」を読んだ。 うーん微妙。 最初、「白夜行」とかのサイドストーリーものか!?と期待した。 関係なかった。 なんか救いがない...
密室殺人ゲーム2.0 歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」を読んだ。 これは「密室殺人ゲーム王手飛車取り」の続編である。この「飛車取り」のほうは、なんというタイトルだと思っ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です