手紙

手紙

東野圭吾「手紙」を読んだ。

なかなかの力作。一気に読んでしまった。仕事の行きと帰りの電車の中で読むのだけど、ずばり行きと帰りでほとんど読み終えてしまった。

話の内容を詳しく書くとよくないと思うが、とにかく主人公の運命というか生き方に、ぐいぐい惹きつけられるものがあった。ちょいと途中から昼ドラマのようになったかもだが。でも昼ドラマの魅力が詰まっている感じでした。

最後、そんなに綺麗にまとめなくても・・・と思った。もっと救いがない感じでもいいのにと思った。

文庫であれば読んでいいと思います。感動作ではあると思いますよ。泣きはしなかったが。
どちらかというと筆力に感心した。

 

手紙 手紙
東野 圭吾

秘密 夜のピクニック 地下鉄(メトロ)に乗って 真相 分身
by G-Tools

関連記事

転生 貫井徳郎「転生」を読んだ。 非常に、非常に、東野圭吾「変身」に似てた。切り口はちょっと違うし後半の展開も違うが、それにしても似てると思った。 ...
赤い指 東野圭吾「赤い指」を読んだ。 図書館に予約してから半年ほど…やっと順番がまわってきた。 (数百人待ちだったと思う。でも、区内で10冊以上は回転し...
横道世之介 吉田修一「横道世之介」を読んだ。 これは面白かった。 ぜひ人に薦めたい本。 横道世之介という主人公の19歳の大学一年の一年間を綴った作品だ...
チェーン・ポイズン 本多孝好「チェーン・ポイズン」を読んだ。 面白かった。 自殺を考えてる人と、複数の自殺に関連性を感じて調査する人と、2つの物語が進む話。 ...
愚行録 貫井徳郎「愚行録」を読んだ。 子供二人を含む一家惨殺事件があって、その事件の要因とかが少しずつ明らかになっていく。インタビュー形式の構成。 嫌い...
静かな爆弾 吉田修一「静かな爆弾」を読んだ。 なかなか面白かった。 吉田修一の最高傑作ではないけれど、いつもいつもクオリティ高めだなあ。 番組制作をす...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です