手紙

手紙

東野圭吾「手紙」を読んだ。

なかなかの力作。一気に読んでしまった。仕事の行きと帰りの電車の中で読むのだけど、ずばり行きと帰りでほとんど読み終えてしまった。

話の内容を詳しく書くとよくないと思うが、とにかく主人公の運命というか生き方に、ぐいぐい惹きつけられるものがあった。ちょいと途中から昼ドラマのようになったかもだが。でも昼ドラマの魅力が詰まっている感じでした。

最後、そんなに綺麗にまとめなくても・・・と思った。もっと救いがない感じでもいいのにと思った。

文庫であれば読んでいいと思います。感動作ではあると思いますよ。泣きはしなかったが。
どちらかというと筆力に感心した。

 

手紙
東野 圭吾

秘密 夜のピクニック 地下鉄(メトロ)に乗って 真相 分身
by G-Tools

関連記事

宿命 東野圭吾「宿命」を読んだ。 さっさと読めたねえ。 確かに「宿命」だった。それは無茶だろうという結末だった。面白かったかというと、そうでもなかった...
時生 東野圭吾「時生」を読んだ。初出では「トキオ」らしい。 わりと面白く読めた。と言っても、本来の、東野圭吾作品を読む動機にはならないと思う。 動...
最悪 奥田英朗「最悪」を読んだ。 力作だと思った。すげー面白い、というほどではないけど続きが気になってどんどん読んでしまった。時間が許せばワン・シッティ...
2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる... 2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる。 上半期もやったし。 前回と同様に、対象となるのは「7月から12月でこのページに書...
ララピポ 奥田英朗「ララピポ」を読んだ。 これは…エロ小説か? いや、そこまででもないが。 そうか、そういうことか。奥田英朗が書きたかったのはこ...
崩れる 貫井徳郎「崩れる」を読んだ。 夫婦をモチーフに短編集。 なんかしらの心の機微とか、すれ違いとか、崩壊とか。 実に「世にも奇妙な物語」っぽい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です