アウトバーン

「アウトバーン」を観た。

ニコラス・ホルト、フェリシティ・ジョーンズ、ベン・キングスレー、アンソニー・ホプキンスという何だかバランスの悪いキャスティングの、クライム・アクション映画。基本カーチェイス多め。

ニコラス・ホルトといえば「ウォーム・ボディーズ」とか「マッドマックス 怒りのデス・ロード」とかでしょうか。フェリシティ・ジョーンズという女性と出会い惚れてしまい裏稼業をやめて同棲する。でもフェリシティ・ジョーンズは治療が必要な体で、金を稼ぐために再び裏稼業に…みたいな話。

でも何でフェリシティ・ジョーンズなんだという感じもする。こういう作品に出る?という。ニコラス・ホルトよりけっこう年上のフェリシティ・ジョーンズである。

あとベン・キングスレーとかアンソニー・ホプキンスがもう…そうかこういう立ち位置のところに出演するようになったんだなと認識させられる瞬間でもあった。トム・サイズモアとかが踏ん張っていたような居所を奪いに来た感じ。10年20年前から、絶対にこういうところには来なかったであろう老人たち。

悪いやつらをニコラス・ホルトが出し抜こうとしてうまくいかず追いかけっこ、車の移動が多めでアクションは派手。
普通なら面白くなりそうなものだ。でも正直、かなりつまらなかった。なんか裏をかいたりするところとか、会話とか、ひとつひとつが面白くないんだね。アクション映画なのに観てて眠たくなる。ベン・キングスレーはやや怪演だった。でもフェリシティ・ジョーンズだって本当にただの脇役で、何でこんなのに出てるんだと思える作品だった。

これは厳しいなあと思う。これ観るくらいなら、フェリシティ・ジョーンズ若き頃の「フラッシュバック」が良いと思います。

関連記事

ハンニバル 「ハンニバル」を観た。 とても久しぶりに観た。2001年の作品でリドリー・スコット監督。 前作「羊たちの沈黙」からの続編となっている...
チェルシーホテル 「チェルシーホテル」を観た。 イーサン・ホーク監督。ユマ・サーマン、ロザリオ・ドーソン、フランク・ホエーリーなどが出演。 伝説のChel...
食べて、祈って、恋をして 「食べて、祈って、恋をして」を観た。 ジュリア・ロバーツが自分探しを延々とやる映画。 これはびっくりしましたよ。なんとなくスイーツ映画っ...
赤い標的 「赤い標的」を観た。 邦題は、まったくもって意味不明である。 ブリジット・フォンダとキーファー・サザーランド。1998年の作品。へえこん...
ロスト・イン・トランスレーション 「ロスト・イン・トランスレーション」を観た。 一度観ようとして最初のあたりを観て、それで「ちょっとこれは…」と思い挫折。今回やっと観た。 なんで...
キラー・インサイド・ミー 「キラー・インサイド・ミー」を観た。 犯罪映画である。かなりバイオレンスあり。DVあり。なので、観るなら覚悟が必要だ。 まったく予備知識...