女たちは二度遊ぶ

女たちは二度遊ぶ

吉田修一「女たちは二度遊ぶ」を読んだ。

タイトルの意味はよくわからないが、短編集。様々な女性がモチーフとなった短編集…
世の評価は知らないが、面白いと思った。吉田修一の世界観がびっしり詰まっている。まともな短編集だと思う。繋がりがあればなおよしだが、そこまで求めるのは酷か。

 
ちょっと文学ぽい感じなのだが読みにくいわけではないし、むしろ読みやすくてあっという間に読める。
一日で読んでしまったか…?確か。
もったいないことである。

 
それにしても吉田修一はいいですね。
もうほとんど読んでしまっただろうか?

 

女たちは二度遊ぶ
吉田 修一

初恋温泉 ひなた 悪人 7月24日通り 春、バーニーズで
by G-Tools

 

関連記事

重力ピエロ 伊坂幸太郎「重力ピエロ」を読んだ。 いや面白かったねえ。 最後、ちょっとジーンとしてしまいましたよ。 特に大仕掛けもなく、ストレートな話。...
最後の息子 吉田修一「最後の息子」を読んだ。 短編集。「最後の息子」「破片」「Water」をおさめる。 どれもさらっと読める短編。 なにげなく関連する...
チルドレン 伊坂幸太郎「チルドレン」を読んだ。 面白かった。あっぱれだった。 二つの時間軸での短編集。なんか繋がってる。 陣内 というキャラクター...
追憶のかけら 貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。 最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。 途中のボリュームのある手記がすごい...
オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」を読んだ。 不思議な話だったなあ。面白かった。 わりと大仕掛けはなく、不思議な話が不思議に終わった。 他の...
ガラスの城 松本清張「ガラスの城」を読んだ。 これは結構面白かった。 話は二部からなっている。 最初は「三上田鶴子の手記」、次に「的場郁子のノート」という...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です