女たちは二度遊ぶ

女たちは二度遊ぶ

吉田修一「女たちは二度遊ぶ」を読んだ。

タイトルの意味はよくわからないが、短編集。様々な女性がモチーフとなった短編集…
世の評価は知らないが、面白いと思った。吉田修一の世界観がびっしり詰まっている。まともな短編集だと思う。繋がりがあればなおよしだが、そこまで求めるのは酷か。

 
ちょっと文学ぽい感じなのだが読みにくいわけではないし、むしろ読みやすくてあっという間に読める。
一日で読んでしまったか…?確か。
もったいないことである。

 
それにしても吉田修一はいいですね。
もうほとんど読んでしまっただろうか?

 

女たちは二度遊ぶ
吉田 修一

初恋温泉 ひなた 悪人 7月24日通り 春、バーニーズで
by G-Tools

 

関連記事

2009年下半期に読んだ本と、2009年のベスト... 2009年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 吉田修一「横道世之介」...
2009年上半期に読んだ本 1月-6月に読んだ本で、初めて読んだ本で、小説。 いつものルールでまとめてみる。 東野圭吾「流星の絆」 東野圭吾「ガリレオの苦悩」 東野圭吾「聖女の...
煙か土か食い物 舞城王太郎「煙か土か食い物」を読んだ。 いや、えらく面白かった。 なんすかこれは。こういう人がいたのか。 最初からすごい文体なんだが一気に...
ジェシカが駆け抜けた七年間について... 歌野晶午「ジェシカが駆け抜けた七年間について」を読んだ。 一気に読んでしまった。ということは、面白かったのだろう。 最後のほうまでどのように転が...
横道世之介 吉田修一「横道世之介」を読んだ。 これは面白かった。 ぜひ人に薦めたい本。 横道世之介という主人公の19歳の大学一年の一年間を綴った作品だ...
松本清張全集1 「松本清張全集1」を読んだ。 収録されているのは「点と線」「時間の習俗」「影の車」である。 「点と線」「時間の習俗」それぞれ、アリバイトリックも...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です