愛を読むひと

愛を読むひと

「愛を読むひと」を観た。

もうすでに2009年度(第82回)のアカデミー賞も発表されたが、これは2008年度(第81回)のアカデミー賞の作品賞ノミネート。やっと観た。

終戦後のドイツで、15歳の青年がケイト・ウィンスレットとの愛欲に溺れる。でも別れのときはやってきて…というのが導入。中盤以降はネタバレになるかと思うので控えるが、この青年の壮年期を演じるのがレイフ・ファインズ。
あとレナ・オリンが出てきたな。レナ・オリンといえば「蜘蛛女」が定番だが、最近ではエイリアスのイリーナというイメージになる。いずれにしても何かやらかしそうだ。

しかしなあ…ケイト・ウィンスレットと愛欲って切り離せないんですかね。この人ほど体当たりという言葉が似つかわしい人も珍しい。
どうにも体をはってオスカーをもぎとった的な雰囲気である。

この映画ねー、最初どうしたもんかと思ったのですよ。なんだまた愛欲かよーって。
また人目を忍んでせっせと愛欲かよーってね。

でも別れがあっさりやってきて、それで中盤のあそこで再登場したところ、前知識なかったために「ああ、そういう話か!」と驚いたものでした。あ、なんか面白くなりそうという、予感。

それで終盤くらいまで、どうなるんだろうと思いながら普通に観られた。
わりと心が動くところもあった気がする。少なくとも面白くない、ということはなかった。

しかし。
これ終わってみれば、レイフ・ファインズ必要かなあと思えた。むしろ壮年期のレイフ・ファインズは姿が見えないほうが想像力かきたてられないか。
あと、やっぱ序盤の愛欲。あれ必要なんかなあ。もちろん、あれがないと驚きの再会にはならないですよ。でも純愛とか憧れの愛とか、そういうのから別れが来て、そして驚きの再会というパターンとどう違うのかってことですよ。あの愛欲と後半がどう結びつくのよという。

あと根本的な問題だけど、15歳のときの愛欲を、そこまで引きずるかなあというのもある。
まあどちらにせよ、ケイト・ウィンスレットは体を張ってました。

2008年(第81回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
主演女優賞受賞(ケイト・ウィンスレット)
監督賞ノミネート(スティーブン・ダルドリー)
脚色賞ノミネート

 
愛を読むひと (完全無修正版) 〔初回限定:美麗スリーブケース付〕 [DVD]

愛を読むひと (完全無修正版) 〔初回限定:美麗スリーブケース付〕 [DVD]
朗読者 (新潮文庫) The Reader (Movie Tie-in Edition) (Vintage International) リトル・チルドレン [DVD] クイルズ (特別編) [DVD] 存在の耐えられない軽さ [DVD]
by G-Tools

 

これで2008年度のアカデミー作品賞をすべて観た。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
フロスト×ニクソン
スラムドッグ$ミリオネア(受賞)
ミルク
愛を読むひと

どれが良かったかなあ…
ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は驚異的なCG処理と、終盤の穏やかな感動が良かった。「スラムドッグ$ミリオネア」は話のご都合主義はともかくエンタメだった。

そうだなあ、やっぱり「スラムドッグ$ミリオネア」かな。この5作品で、もう一回観るとしたら唯一これだな。あとはちょっと辛い。

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]
マイネーム・イズ・ハーン [DVD] ハート・ロッカー [DVD] ビューティフル・マインド [DVD] ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD] スラムドッグ・ミリオネア (名作映画完全セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ)
by G-Tools

 

関連記事

ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ 「ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ」を観た。 何回か観てる。このWebに書いてないということは何年か観てなかったのだろう。 つくづくひどい...
カッコーの巣の上で 「カッコーの巣の上で」を観た。 初めて観たよ。超有名作だが、ちょっと古典だし重そうだし。 精神病院が舞台。最後は重くなっていった。 ジャッ...
アリス 「アリス」を観た。 ウディ・アレンの脚本監督。ミア・ファローとジョー・マンテーニャ。あとシビル・シェパードとかアレック・ボールドウィン、ウ...
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」を観た。 2001年の作品である。「ダージリン急行」のウェス・アンダーソンが脚本監督。オーウェン・ウィルソ...
卒業 「卒業」を観た。 初めて観た。有名なのは知ってるけど、なんていうのか…面倒そうっていうか… サイモンガーファンクルががんがんくる感じって...
リトル・ロマンス 「リトル・ロマンス」を観た。 1979年の映画。ダイアン・レインの映画デビュー作ということだ。 典型的なボーイ・ミーツ・ガールである。少...