家守

yamori.gif

歌野晶午「家守」を読んだ。

傑作短編集、とある。・・・傑作ではないが、実に歌野晶午らしい作品ばかりで、面白く読めた。
とにかく普通でなく何とかして読者を驚かせたい、という意思が伝わってくる。

どれもこれもよく考えるなという感じの作品。
すんごいお薦め、というほどではないけどね。

今日はさっさと終わる。

関連記事

放浪探偵と七つの殺人 歌野晶午「放浪探偵と七つの殺人」を読んだ。 これ読んだことなかったかも。歌野晶午作品にときどき出てくる、信濃譲二が活躍する短編集。 ほとんどの作...
世界の終わり、あるいは始まり 歌野晶午「世界の終わり、あるいは始まり」を読んだ。 なんというか不思議な本だった。 連続殺人事件があって、我が子がその犯人らしいと気づいて、父親...
そして名探偵は生まれた 歌野晶午「そして名探偵は生まれた」を読んだ。 短編が3つ。 「そして名探偵は生まれた」は書き下ろし。初めて読んだ。「生存者、一名」「館という名の...
ブードゥー・チャイルド 歌野晶午「ブードゥー・チャイルド」を読んだ。 ふーむ力作である。快作ってほどではないが、ほかの歌野作品よりましって感じか。「葉桜?」がやはり一番良...
女王様と私 歌野晶午「女王様と私」を読んだ。 好き嫌いがはっきりわかれそう。俺は面白く読めました。(ちょっとだるいところはあったけども) 全体的な大...
正月十一日、鏡殺し 歌野晶午「正月十一日、鏡殺し」を読んだ。 どうなんでしょ。微妙だ。 短編集である。なんか浅い感じの内容だった。 この作家でなくて無名のだっ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です