その街の今は

柴崎友香「その街の今は」を読んだ。

この人のは初めて読んだ。
(どっかのレビューで、この本が面白いと聞いた)

読んでみたが、ちっとも面白くなかった。
雰囲気文学にもほどがあると思う。

舞台は大阪で、女性が主人公で、まあなんでしょう特にイベントも起こらず説明が難しい。
ぬるい世界観だった。これを今の世が必要としているならば、人々はなんて殺伐としてるんでしょうなあ。

 
 
スローライフ…でしょうか。
(スローライフって言葉が、かなり恥かしいと思うが)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です