プリズム

448842502X.09.LZZZZZZZ.jpg

貫井徳郎「プリズム」を読んだ。

好きか嫌いか、はっきりわかれると思う。
そういう作品であることは間違いない。

俺は、こういうのはありだと思う。面白かった。

ある殺人事件が起きて、被害者は小学校の女性教諭なのだが、この先生に関わる何人かが、それぞれ犯人を推理していって・・・という話。各章で視点が切り替わっていき、誰が犯人なのかよくわからなくなり。
それぞれの人にとって先生の違う面が描写されてそれが「プリズム」のようで・・・ということで、タイトルは巧妙であったりする。

結論として、犯人は誰だったのかわからない。でもしっかりした読後感。嫌いじゃないな。すっきりしないけど。

しかしたいした筆力である。もうちょいこの人の本を読んでおく必要がありそうだ。
エポックメイキングとなった「慟哭」ですか、それは読んだと思うんだが記憶がない・・・

でも「慟哭」から読むべきなんでしょうね。「プリズム」は、東野圭吾「レイクサイド」とかを好きなら大丈夫かも。

あーそうそう。この「プリズム」(文庫版)は、作者のあとがきが非常に素晴らしいです。そこだけでも読む価値ありですね。
このあとがきのおかげで今後の読書が広がりそうです。

 

プリズム
貫井 徳郎

慟哭 光と影の誘惑 失踪症候群 誘拐症候群 神のふたつの貌
by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です