恋愛小説家

恋愛小説家

「恋愛小説家」を観た。

初めて観た。あーそうですかこういう話なんですか。
いたって普通の映画で、面白いといえば面白いが(というか面白くないことはない、という感じ)…いたって普通だよなあ。こんなのどう評価しろと…

ジャック・ニコルソンはもうすごい顔で、二時間この顔はきついものがあるな。
あなたは役者でよかったですねえあなたみたいなのレンタルビデオ店とかで働いてたりしたら…

え!これで主演男優賞を獲ってるんですか!
…へえー…グレッグ・キニアにやればよかったんじゃ…まあグレッグ・キニアにしたってたいしたもんではなかったけど…
 
タイトルの恋愛小説家…なんのことやら。最初だけである。
(いや途中の盛り上げ場面で、決め台詞を言うシーンがあるがあれの伏線なんだろう。伏線がタイトルっていうのも)

 
面白くないことはないんです。良作だと思うよ。
映画館行って、こういうのを観させられたらちょっと驚くが。

 
1997年(第70回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
主演男優賞受賞(ジャック・ニコルソン)
主演女優賞受賞(ヘレン・ハント)
助演男優賞ノミネート(グレッグ・キニア)
脚本賞ノミネート

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です