トッツィー

「トッツィー」を観た。

有名なダスティン・ホフマン主演映画。そうなんだジェシカ・ラングが助演女優賞を受賞しているのですかこれで。

ダスティン・ホフマンは売れない役者で仕事に困って女装してドラマのオーディションに通って、ちょっと変わったキャラクターが評判になってスターになってしまう。でもジェシカ・ラングにも想いを寄せてしまって、生放送中に暴露するって話。

子供の頃、面白い話だなーと思って観たのは覚えているが、細部はかなり忘れていた。
ダスティン・ホフマンの達者っぷりが目立つ。ダスティン・ホフマンの相棒はビル・マーレイだったんですか。
正直なところ面白いことは面白いけど佳作って感じで、どうしてこれがアカデミー作品賞ノミネートなのかはよくわからなかった。話題になったことはなったでしょうが。

 
1982年(第55回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
主演男優賞ノミネート(ダスティン・ホフマン)
助演女優賞受賞(ジェシカ・ラング)
助演女優賞ノミネート(テリー・ガー)
監督賞ノミネート(シドニー・ポラック)

 

関連記事

6才のボクが、大人になるまで。 「6才のボクが、大人になるまで。」を観た。 リチャード・リンクレイター監督とイーサン・ホークのコンビで贈るアカデミー賞ノミネート作品。 ...
17歳の肖像 「17歳の肖像」を観た。 これアカデミー作品賞ノミネートなんだ。 主役の男はどこかで見たような…と思ってたら、「フライトプラン」のあの人...
クラッシュ 「クラッシュ」をまた観た。 以前観たときから実に3年半ぶりである。これまで「そろそろ『クラッシュ』を観ようか」と思うこともあったが、いやいやまだ早...
プライベート・ライアン 「プライベート・ライアン」を観た。 随分久しぶりに観た気がする。大画面・大音響で観ると、この映画は相当の迫力があるんだなあと再認識。 もう超有名...
バベル 「バベル」を観た。 そうかそうか「21g」と同じ監督か。なるほど。 まあ「21g」は面白い映画だなあと思ったけれども、これは少し散漫な感じだった...
スーパー・チューズデー 正義を売った日... 「スーパー・チューズデー 正義を売った日」を観た。 ジョージ・クルーニー監督。出演も。 キャストが凄い。ライアン・ゴズリング、フィリップ...