ハブの不具合

昨日のことだが、普通にPCを使ってて、そのうちネットに繋がらなくなった。
なんというか、そういう繋がらない感じになった。

はじめは普通に繋がってて、そのうち繋がらないときがあり、「またルータか?」とルータを再起動して、それでもなおらず、ルータにPINGを打ってみると4回中半分しか繋がらないといった、よくわからない挙動をしたので、「これは…PC側の不具合だろうか??」と疑った。

でも一応、嫁PCとWiiを起動してネットに繋ごうとする。繋がらない。
じゃあ俺のPCじゃないな。ルータが壊れたんやろうか?

…ここで、ルータに繋いでる別のものを確認した。HDDレコーダーはルータから直で繋いでいるので、接続確認をしてみると、ルータまで届いている。

ん?ルータは壊れてないのか?
ルータからハブまでの間を疑って、LANケーブルを取り替えてみたりする。そうやっていじってると、突然繋がった。
接触不良か。なーんだと思って、ハブをみたら、ルータからハブまでが100Mbpsしか出てない。LANケーブルのせいじゃないので…ハブのポートか…?別の口に差込なおしたら、1Gbpsで繋がった。あーーそうかそうか。ハブのポートがおかしくなったのか…

 
まあ原因はわかって良かった良かった、と思ってると、PCデスクの後ろのコンセントのところがバチバチッと音がした。
なんだ?といじるとバチッと音がしたらそれに繋がってる機器が再起動したりする。なんだこれ。
全部引っこ抜いてみると、電源タップから焦げた匂い。プラグは焦げてる。ほこりが燃えてたんやろうか…

 
取り替えると、もちろんバチッという音はしなくなった。

 
というわけで、上の写真には不具合ハブと、焦げた電源タップが写っております。
なんか呪われてるんじゃないかねえ。火事になるところでしたか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です