パーフェクト・ストレンジャー

パーフェクト・ストレンジャー

「パーフェクト・ストレンジャー」を観た。

至るところに、「ラスト7分11秒、あなたは絶対騙される」とかいうコピーを予告編としてばらまき、あおるだけあおって、ハードルを上げまくった作品。

そんなに言い切っていいのかなあ、と思ったもんだが、もしかして本当に面白いかもしれない…「HEROES」の例もあるしな…と、観てみました。

 
いやー。

別に、絶対騙されるほどでもないと思った。
ごく普通の映画といえば映画。サスペンスで、まあ確かにああいう風に持っていかないと何も意味がないから、しょうがないとは思う。

でも、あのオチは途中で読めるし、何より衝撃的でもなんでもなかったのだ。劇的でないとも言う。

そもそもコピーがいけないんだろう。どうして、鑑賞の邪魔をするようなコピーをばらまくのか理解できない。

 
ブルース・ウィリスって、何だったんだろう。
ジョヴァンニ・リビシってこんな役ばかりじゃないか?

しかしハル・ベリーは見た目若いんだけど、役柄的に…派遣として潜入するハル・ベリー。なんか事務仕事やってますハル・ベリー。…うーんんん意味がわからねえ。

 

関連記事

やさしい嘘と贈り物 「やさしい嘘と贈り物」を観た。 なんか若い人が監督で、マーティン・ランドーがこの作品に惚れ込んで自らプロデュースを買って出た、というような...
ストレンジャー・コール 「ストレンジャー・コール」を観た。 いやーこれはびっくりな映画でしたよ。 こんなひどいのも久しぶりだ。まあ最近はなかなか当たりは少なくなってるが...
7500 「7500」を観た。 清水崇監督による2014年のハリウッド作品である。清水崇とは「THE JUON/呪怨」「呪怨 パンデミック」とハリウ...
ロスト・イン・トランスレーション 「ロスト・イン・トランスレーション」を観た。 一度観ようとして最初のあたりを観て、それで「ちょっとこれは…」と思い挫折。今回やっと観た。 なんで...
ギャラリー 欲望の画廊 「ギャラリー 欲望の画廊」を観た。 いくら何でもこのDVDジャケットは扇情的であると思う。 アマンダ・サイフリッドが超ミニで何かやらかし...
ユー・ウォント・ミー・トゥ・キル・ヒム... 「ユー・ウォント・ミー・トゥ・キル・ヒム」を観た。 なんか「オール・ユー・ニード・イズ・キル」とごっちゃになる邦題。邦題といっても原題だっ...