流星の絆

流星の絆

東野圭吾「流星の絆」を読んだ。

図書館で予約して、どれだけ待たされたかなあ。半年以上経って、やっとまわってきた。
ドラマ化もされて有名ですよね。

そうだなあ。東野圭吾の作品を読むたびに同じことを書いてる気がするが、やはり物足りない感じかなあ。
傑作ではない。と思う。面白いことは面白いので、そのへんの本に比べたらそこそこ面白いけど、こんなもんじゃないでしょう、と。

ドラマのノベライズっぽいんだよなあ。
(でも、血が繋がってない兄妹の設定がいまいち生かされてないような)

最後、どうしちゃったのかというくらい、綺麗にまとめるのも。
救いようがない話でもいいのに…とか。

まあベテランっぽい、ある程度のクオリティを量産するのは凄いことではあるんだけれども。
でも「白夜行」とかを求めてしまうのはなぜだろうな。

関連記事

変身 東野圭吾「変身」を読んだ。 素直なSFドラマ、という感じ。東野圭吾ってこういうの多いな。面白いといえば面白いが、好きではない。 やたらもったいぶ...
最愛 真保裕一「最愛」を読んだ。 最後まで一気に読み進めた。かなりワンシッティング。それは素晴らしいことだと思った。 …しかし。 読み終わっての...
殺人の門 東野圭吾「殺人の門」を読んだ。 うーん微妙。 最初、「白夜行」とかのサイドストーリーものか!?と期待した。 関係なかった。 なんか救いがない...
聖女の救済 東野圭吾「聖女の救済」を読んだ。 「ガリレオの苦悩」と同時リリースの、こちらは長編。 犯人がわかってて、殺害のトリックがわからないパターンで、そ...
さまよう刃 東野圭吾「さまよう刃」を読んだ。 「手紙」「殺人の門」のような…構成。面白く読めたし、力作だと思う。 でも、「どちらかが彼女を殺した」みたいなの...
ガリレオの苦悩 東野圭吾「ガリレオの苦悩」を読んだ。 容疑者Xとかテレビとかの、あのガリレオ。 シリーズ最新作は長編と短編の同時リリースとなったらしいです。…が...