記憶の寿命

武キャリのページで、

「年を取ると、月日の過ぎるのが早く感じる」ことには、ちゃんと根拠がある

ことについて書いている。

子供のころは、一日があっという間で、一年をふりかえると長い一年間なのだ。
大人になると、一日がすごく長く感じて、一年をふりかえるとあっという間なのだ。

これについて、俺が読んだ話は以下だ。

人間の最初の一年間は、すべて新しい体験なので、「記憶」というものは、一年分蓄積される。
二年目に入ると、すべて新しい体験ではなくなり、半分にあたる時間が新しい「記憶」として蓄積される。

そんなわけで、一年目は「1」、二年目は「1/2」、三年目は「1/3」・・・となる。
仮に人の寿命を80年とする。すると、その人が一生の間で蓄積した「記憶」というものは、

1+1/2+1/3+・・・+1/79+1/80
=1+0.5+0.333333+・・・+0.012658+0.0125
=4.965479

というわけで、まあ5年だ。
なので、人の「記憶の寿命」は5年だという話。

人は80年生きた上で、5年ぶんの記憶しか得られないということである。

武キャリのページで書いてあることと、同じことを書いてると思うけど。
まあ5年とはねえ。短いもんだ。

しかし、
二年目がなぜ二分の一で考えるのかが、ちょっと引っかかる説ではある。

松本清張の「巻頭句の女」はすごい。
見事というしかない短編だな。

関連記事

訂正印 社用で郵便局へ行く。 書類を提出すると、窓口の男(不健康な顔色)は書類を示して「あ、ここに代表者の名前を書かれてるのであれば、代表者の本人確認できるものを...
メタリックケーブル 公共料金なんかの手続きというか、そのへんの作業。水道に関してはこの前水道局に行ったときに伝えてあった。で、残ってるのはガスと電気と電話だ。 携帯とか免許と...
トケラウって国をご存知だろうか またドメインを購入した。 もともと、このページのgivetake.comってのが最初に取得したドメインなのだが、その後もう一つ、今度は.netドメインを取...
なんと主演はイッセー尾形 ■昭和天皇の「新たな顔」描く ベルリン映画祭で「太陽」を上映 なんと主演はイッセー尾形! 素晴らしいキャスティングですね。というか、イッセー尾形...
プラネット・グーグル 「プラネット・グーグル」を読んだ。 面白かった。 グーグルの10年の歴史をだーっと解説していくんだが、取材やら引用やら、実によく調べたなあという...
耐震強度がやばいらしく 2月に入ったら引越しをする。次は墨田区だ。 まだ松戸に引っ越して半年ちょいしかたっていないが引っ越すのである。 もう中毒じゃないんかというくらいだ。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です