記憶の寿命

武キャリのページで、

「年を取ると、月日の過ぎるのが早く感じる」ことには、ちゃんと根拠がある

ことについて書いている。

子供のころは、一日があっという間で、一年をふりかえると長い一年間なのだ。
大人になると、一日がすごく長く感じて、一年をふりかえるとあっという間なのだ。

これについて、俺が読んだ話は以下だ。

人間の最初の一年間は、すべて新しい体験なので、「記憶」というものは、一年分蓄積される。
二年目に入ると、すべて新しい体験ではなくなり、半分にあたる時間が新しい「記憶」として蓄積される。

そんなわけで、一年目は「1」、二年目は「1/2」、三年目は「1/3」・・・となる。
仮に人の寿命を80年とする。すると、その人が一生の間で蓄積した「記憶」というものは、

1+1/2+1/3+・・・+1/79+1/80
=1+0.5+0.333333+・・・+0.012658+0.0125
=4.965479

というわけで、まあ5年だ。
なので、人の「記憶の寿命」は5年だという話。

人は80年生きた上で、5年ぶんの記憶しか得られないということである。

武キャリのページで書いてあることと、同じことを書いてると思うけど。
まあ5年とはねえ。短いもんだ。

しかし、
二年目がなぜ二分の一で考えるのかが、ちょっと引っかかる説ではある。

松本清張の「巻頭句の女」はすごい。
見事というしかない短編だな。

関連記事

「悪女について 研究」をWordPressへ移行... ずっと放置状態だった「悪女について 研究」を、ようやくWordpress内に移行した。有吉佐和子著「悪女について」の中身を色々と調べたものだ。なんか最近...
2012年には0.5zettaバイト ■世界のIPトラフィック、2012年には「ゼタバイト」級に 世界のIPトラフィックは2007?2012年の間に年率46%で増加し、2012...
目の前が自動車教習所 飲み会。で、表参道へ。 発起人のS作くんはつくづく表参道が好きだなあ。なんかあるのか? 人数も多く、楽しく時は過ぎていったわけだが、なんとS作くんはそこ...
公共料金の手続きを一気にやった 公共料金の手続きを一気にやった。 電気・電話・ガス・水道だ。 要は、転居先は義父の名義ですでに使っている状況で、名義を俺に変更してそのまま使える状態...
ビリー・ジョエル、アルコール依存症治療で専門施設に... ■B・ジョエルさん、アルコール依存症治療で専門施設に ベスト版ばかり出すだけで、実質長期間にわたって活動停止?のビリー・ジョエル。 なんかどうし...
再度書類をお送りいただけないかと 昨日のお台場でのことなんだが、この前すったもんだした郵便局とやり取りが発生して・・・「すいません、この前、お伝えした口座番号に手違いがありまして・・・」「え?な...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です