正月十一日、鏡殺し

4062647729.09.LZZZZZZZ.jpg

歌野晶午「正月十一日、鏡殺し」を読んだ。

どうなんでしょ。微妙だ。
短編集である。なんか浅い感じの内容だった。

この作家でなくて無名のだったら・・・面白くないとはっきり言うのだろう。
確かに表題の「正月十一日、鏡殺し」なんかは後の作風が出てきているとは思うけど。

やっぱいまいちでした。
当たり外れがはっきりしている作家だ。それにしてもやたら出しているな、この前図書館に行ったときもまだ知らないのがあったし。

うーん「葉桜が?」以上のものは未だに無いな。裏を返せば、「葉桜が?」を読まなければ、この作家の本を読まないで済んだのにと思うくらい、もう並な作品をたくさん読まされているということなんだが。

 

葉桜の季節に君を想うということ
歌野 晶午

女王様と私 世界の終わり、あるいは始まり 容疑者Xの献身 死体を買う男 イニシエーション・ラブ
by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です