グッドナイト&グッドラック

グッドナイト&グッドラック

「グッドナイト&グッドラック」を観た。

アメリカ、赤狩り、闘う人々…以前には「真実の瞬間」などもありました。
えーとなんでしたっけ、チャップリンは追われて、ディズニーは協力したんでしたっけ。

ジョージ・クルーニーの監督作で、アカデミー賞にもノミネート。本人は別作品「シリアナ」で同年にアカデミー賞助演男優賞を受賞…という、すごい当たり年ですね。ジョージ・クルーニーもまさかそこまで昇りつめるとは。

あ、ファーストシーズン第一話だけ注目する、を更新しなきゃあなあ。リニューアルのときにやるか…

まあこの映画は、なんといってもデヴィッド・ストラザーンなのです。「黙秘」「ザ・ファーム/法律事務所」などで見かけていたが、なんとも渋いオッサンである。いい味をしている。この映画で主役として存在してくれているのが嬉しくなる。対照的にロバート・ダウニーJr.はなんでいるの?というくらいの扱いだった。あの人なんでいたんだ?

 

映画の感想としては、最初は「なんかうまく撮るなあ」というものだった。悪くはないような気がしたものの、何か迫ってくるわけでもない。デヴィッド・ストラザーンは一生懸命に役をこなしているようだが、そこんところの見ごたえも伝わってこなかった。

総じて浅い。製作にソダーバーグの名が。やはりこのへんのグループ全体が浅いのか?
映画っぽく撮ってみた、という作品に思えたわけです。仮に40歳ぐらいのときのマーティン・スコセッシが同じ脚本で撮ったらかなり違ったんではないかと。

 
でも、まあなんといってもデヴィッド・ストラザーンだ。「グッドナイト。アンド、グッドラック」は決めゼリフだな。

 
2005年(第78回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
主演男優賞ノミネート(デヴィッド・ストラザーン)
監督賞ノミネート(ジョージ・クルーニー)
脚本賞ノミネート

 

関連記事

未来を生きる君たちへ 「未来を生きる君たちへ」を観た。 いや凄い作品でしたね。 アカデミー外国語映画賞を受賞した作品。デンマーク語の原題は「Hævnen」で、...
レナードの朝 「レナードの朝」を観た。 観るの何回目だろう。 もうストーリーとか演技とか演出とか、新鮮味がないくらい。 今回、観る前にIMDbを参照した...
アイム・ノット・ゼア 「アイム・ノット・ゼア」を観た。 ボブ・ディランの伝記。を、6人が演じる。年齢も人種もバラバラ。フィクションたっぷり。ケイト・ブランシェットもいる...
タクシードライバー 「タクシードライバー」を観た。 これまで何度も観てるが久しぶりに鑑賞。やはり細部までけっこう覚えており特に発見もなかったのだが映画は凄いな...
チャイナ・シンドローム 「チャイナ・シンドローム」を久しぶりに観た。 映画の題名ですよ。そんな映画知らない、という人もいるだろう。 はっきり言って名作だと思う。 ...
タイタニック 「タイタニック」を観た。 いまさら…という気もするが、アカデミー賞を全部観るというネタのために観たようなもんです。 これはさすがに観たことある。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です