山ん中の獅見朋成雄

4061824678.01.LZZZZZZZ.jpg

舞城王太郎「山ん中の獅見朋成雄」を読んだ。

面白かった。
冒頭からわけがわからなくって、途中からますます意味不明な展開になっていって、でも面白かった。少し爽やかに終わっていったのが残念だったが、あんな展開で爽やかに終わるのもすごいと思った。

「煙か土か食い物」のほうが面白いかな。

まーそれにしても、センスのある筆力だ。よくこんなのを書けるもんである。
好き嫌いはわかれるだろうけど・・・

ヒロインの描かれ方がちょっと雑だったが(つうか全体的に雑だとは思う)、そんなのどうでも良くなるような、勢いのある作品であった。

読むといい。

 

山ん中の獅見朋成雄
舞城 王太郎

九十九十九 熊の場所 SPEEDBOY! フリッカー式 <鏡公彦にうってつけの殺人 />” /></a> <a href=ハンニバル・ライジング 下巻
by G-Tools

関連記事

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」を読んだ。 タイトルに惹かれて買ったのだが内容も良かった。面白く読めた。 ...
マドンナ 奥田英朗「マドンナ」を読んだ。 面白かった。今、読むから面白いのだろう。 そそる話が詰まってるのかと思いきや、そういうのではなかった。 ...
謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...
重力ピエロ 伊坂幸太郎「重力ピエロ」を読んだ。 いや面白かったねえ。 最後、ちょっとジーンとしてしまいましたよ。 特に大仕掛けもなく、ストレートな話。...
2008年下半期に読んだ本と、2008年のベスト... 2008年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 石持浅海「ガーディアン...
密室殺人ゲーム王手飛車取り 歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読んだ。 なんというタイトル…歌野晶午は売れる気ないんか? 待望の新刊である。なにかしら期待を裏切ってく...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です