山ん中の獅見朋成雄

4061824678.01.LZZZZZZZ.jpg

舞城王太郎「山ん中の獅見朋成雄」を読んだ。

面白かった。
冒頭からわけがわからなくって、途中からますます意味不明な展開になっていって、でも面白かった。少し爽やかに終わっていったのが残念だったが、あんな展開で爽やかに終わるのもすごいと思った。

「煙か土か食い物」のほうが面白いかな。

まーそれにしても、センスのある筆力だ。よくこんなのを書けるもんである。
好き嫌いはわかれるだろうけど・・・

ヒロインの描かれ方がちょっと雑だったが(つうか全体的に雑だとは思う)、そんなのどうでも良くなるような、勢いのある作品であった。

読むといい。

 

山ん中の獅見朋成雄
舞城 王太郎

九十九十九 熊の場所 SPEEDBOY! フリッカー式 <鏡公彦にうってつけの殺人 />” /></a> <a href=ハンニバル・ライジング 下巻
by G-Tools

関連記事

東京物語 奥田英朗「東京物語」を読んだ。 面白かった。軽くて楽しんで読めた。 まあよくある、著者の若いころのほろ苦い青春記、という類ですが… これは...
スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学... 「スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学」を読んだ。 身近なテーマで、経済をやさしく教えてくれる。 面白かった。 文章が平易でよい...
ガラスの城 松本清張「ガラスの城」を読んだ。 これは結構面白かった。 話は二部からなっている。 最初は「三上田鶴子の手記」、次に「的場郁子のノート」という...
愚行録 貫井徳郎「愚行録」を読んだ。 子供二人を含む一家惨殺事件があって、その事件の要因とかが少しずつ明らかになっていく。インタビュー形式の構成。 嫌い...
松本清張全集2 松本清張全集2「眼の壁・絢爛たる流離」を読んだ。 阿刀田高の松本清張セレクションを読もうかと思ったが、松本清張全集があるのを見つけてしまったのだ。...
最悪 奥田英朗「最悪」を読んだ。 力作だと思った。すげー面白い、というほどではないけど続きが気になってどんどん読んでしまった。時間が許せばワン・シッティ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です