恋の7つの副作用

恋の7つの副作用

「恋の7つの副作用」を観た。

もうこれはね、やられたよ。見事にトラップにひっかかった。
要するに「幸せになるための27のドレス」にあやかって、キャサリン・ハイグルの過去の作品をまるで新作のようにリパックして出しました、という商法にやられたのだ。

たぶん超低予算。キャサリン・ハイグルが製作総指揮に名を連ねていたので、ほんと「グレイズ・アナトミー」がヒットしなかったら終わってたんだろう。

・全編ビデオ画質で、なおかつカット割もチープ。
・キャサリン・ハイグルはMRの役なんだが病院なんて出てこない。
・会社のシーンもオフィスっぽくない。

エンドクレジットで、この映画がたったの19万ドルで作られたことが明かされる。
果たして超低予算だったのだが、それでも2,000万円近くかけてこれか、というのもある。

 

関連記事

CODE 46 「CODE 46」を観た。 ティム・ロビンスの恋の話…なんかSF調で。 上海の、近未来ぽい舞台で、CODE46という触れてはならぬ決まりがありま...
パンクス 「パンクス」を観た。 ジェシカ・アルバが出てる映画というかビデオ作品。1999年のもの。 まだジェシカ・アルバが無名に近い頃だろうか。 ...
潜在殺意 「潜在殺意」を観た。 ハル・ベリー主演のサスペンス作品だが、日本未公開である。1996年の作品であり、ハル・ベリーはまだそんな注目されてな...
バタフライ・エフェクト2 「バタフライ・エフェクト2」を観た。 「バタフライ・エフェクト」はこちら いやーこれは明らかにパワーダウンな続編ですね。 見たことない役者ばかり...
ノースフォーク 天使がくれた奇跡 「ノースフォーク 天使がくれた奇跡」を観た。 こんな映画さっぱり知らなかった。未公開なんだろう。2003年のらしいが最近DVD化されたと。 「サ...
ガリバー旅行記 「ガリバー旅行記」を観た。 スウィフトの原作がモチーフだが、なんか舞台は現代だし、ロボットぽいのも出てくるし、わりと自由に脚色されてる感じ...